アイロン一筋50年、三陽商会で"ケア"に従事するプロに聞くアイロンがけ術

2017年01月04日 12:00 JST

 「仕上がった服をアイロンでケアすること」。その道に50年近く従事しているのが、アパレルメーカー・三陽商会 樋代廣人さんです。15歳から修行を始め、アイロンでのケア技術を買われ1970年(22歳の時)に三陽商会に入社後、流通センターにおいて出荷前の服のお色直しに従事(当時は自社で行うブランドは稀だったそう)。その後、現在に至るまで「技術指導」職として、自社や協力各社の工場における指導を行っていて、タイ、イタリア、アメリカ、中国など海外工場での現場指導の実績も豊富です。今回は自宅用のアイロンで応用出来る、アイロンがけのテクニックを樋代さんに教えてもらいました。(取材・文:市來孝人)

■三陽商会の事業
三陽商会が95億円赤字の見通し、業績悪化が顕著に(2016年7月29日)
三陽商会が250名の希望退職者を募集、不採算ブランド整理も(2016年6月24日)
三陽商会「プリングル1815」ウィメンズ部門と「ビアンカ エポカ」2016年春夏で終了(2016年5月18日)
「チェックをブランドの顔に」三陽商会クレストブリッジがロックバンドと共にショー(2016年4月19日)
バーバリー看板なき三陽商会、年間売上が1000億円の大台割り込む(2016年2月12日)
バーバリーに代わる柱へ 三陽商会の新ブランド「マッキントッシュロンドン」公開(2014年10月15日)
三陽商会がブランド事業強化 プリングルは2015年以降拡大へ(2014年5月6日)
三陽商会 アラサー女性向け新ブランド「ビアンカ・エポカ」発表(2013年2月27日)
三陽商会の新大型ブランド「プリングル 1815」デビューコレクション公開(2012年10月31日)
三陽商会 英国王室御用達「プリングル」のライセンス始動(2012年7月6日)