密着レポートについて

デザイナー森永邦彦が手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」パリコレデビューまでの6日間に密着。現地のアトリエやショー会場から、服作りやバックステージなどの様子をリアルタイムでレポートします。更新は「ANREALAGE」チームが日本を発つ9月18日から、ショー当日の23日まで。

ショー当日の23日17時(日本時間24日0時)前からコレクションのメイキングムービーを公開し、会場からショーのライブ中継を予定しています。 ※回線の状況で途切れる場合もあります。

アンリアレイジとは?

日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、2003年に森永邦彦が立ち上げて今年で11年目。 ○△□といった形の探求から、「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」など最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を再考する。パリコレデビューとなる2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。


公式HP: http://www.anrealage.com/

更新終了しました

ショー直前「この服に懸ける」

 2014年09月23日 23:20 JST

【パリ=23日16:00】照明や特殊演出のチェックが、最後の最後、ギリギリまで行われます。

anrealage-02-140923_031.jpg

 森永デザイナーや真鍋さん、そしてスタッフは、今回のスタッフTシャツとウインドブレーカーを着用しています。

「勝ち負けではないけれど、勝たなければ。この服に懸けます」と森永デザイナー。

 ショーは間もなく始まります。

加茂克也によるヘアメイク

 2014年09月23日 22:30 JST

【パリ=23日14:00】モデルがバックステージに到着し、ヘアメイクがスタートしました。担当は加茂克也。

anrealage-03-140923_005.jpg

anrealage-03-140923_007.jpg

anrealage-03-140923_008.jpg

anrealage-03-140923_009.jpg

anrealage-03-140923_010.jpg「服のコンセプトが明確なので、メイクは主張し過ぎないよう、シンプルにしています」

anrealage-03-140923_011.jpg

anrealage-03-140923_012.jpg技術スタッフはバックステージでコレクションピースの最終調整。

anrealage-03-140923_013.jpg

anrealage-03-140923_014.jpg

anrealage-03-140923_015.jpg

anrealage-03-140923_016.jpg

anrealage-03-140923_017.jpg

アンリアレイジがこれまで何を作ってきたか

 2014年09月23日 19:50 JST

 ここで、アンリアレイジのこれまでのコレクションを動画や写真で振り返ります。

2014 S/S/A/W COLLECTION 'SEASON'=32度に保つ服


【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2014-15aw/


2014 S/S COLLECTION 'SIZE' =サイズが変わる服


【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2014ss/


2013 A/W COLLECTION 'COLOR' =色を着脱する服


【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2013-14aw/


2013 S/S COLLECTION 'BONE' =服の骨


【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2013ss/


2012 A/W COLLECTION 'TIME' =時間を着る

anrealage-2012aw_20120321_116-.jpg【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2012-13aw/


2012 S/S COLLECTION 'SHELL' =かたちの殻

anrealage-show-2012ss_072-.jpg【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2012ss


2011 A/W COLLECTION 'LOW' =低解像度の服

anrealage-1112AW_01-2-.jpg【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2011-12aw/


2011 S/S COLLECTION 'AIR' =見えないカタチ

anrealage-2011SS_28-.jpg

【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2011ss



2010 A/W COLLECTION 'WIDESHORTSLIMLONG' =定規を疑う服

anrealage-1011AW0.jpg
【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2010-11aw/


2010 S/S COLLECTION 'SILHOUETTE' =シルエットを裏切る

anrealage-2010SS-.jpg【全ルック】http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2010ss/

2009 A/W COLLECTION '凹 凸'
2009 S/S COLLECTION '○△□'
2008 A/W COLLECTION 'MUTYU'
2008 S/S COLLECTION 'NO MORE'
2007 A/W COLLECTION 'HARUKAHARU'
2007 S/S COLLECTION 'INORI'
2006 A/W COLLECTION 'KANON'
2006 S/S COLLECTION 'BUTTER'
2005 A/W COLLECTION 'SUZUME NO NAMIDA'

■デザイナー森永邦彦 プロフィール

1980年東京都生まれ。早稲田大学、バンタンデザイン研究所卒業。ブランド名「アンリアレイジ」はA REAL(日常)、UN REAL(非日常)、AGE(時代)、を組み合わせた造語。 2003年から活動を開始。「神は細部に宿る」という信念のもと作られた色鮮やかで細かいパッチワークや、人間の身体にとらわれない独創的なかたちの服が特徴。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。 2006年春夏、Keisuke Kandaとともに東京タワー大展望台にて行ったショーより東京コレクションに参加。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2012年、個展「アンリアレイジ展 A REAL UN REAL AGE」(パルコミュージアム・東京)を開催。 2013年、「フィロソフィカル・ファッション2 : A COLOR UN COLOR」(金沢21世紀美術館・石川)を開催。2014年9月、パリ高級服飾組合 (La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne / 通称 サンディカ)の正式登録を受け、オンスケジュールで2015年春夏パリコレクションに参加。併せてセレクトショップ「L'ECLAIREUR(レクレルール)」で展覧会「A REAL UN REAL AGE」を行う。

【インタビュー】ライゾマティクス真鍋大度 ファッション×テクノロジー

 2014年09月23日 19:00 JST

【パリ=23日】Perfume(パフューム)のライブ演出などで知られ、メディアアート界で活躍するライゾマティクスの真鍋大度さん。米Apple社の「Mac誕生30周年スペシャルサイト」で11人のキーパーソンの一人に選ばれるなど、国際的に高い評価を得ています。

 今回のアンリアレイジのショーは、初めて手がけるパリコレクション。森永デザイナーの服とどう融合していくのか、演出にも注目です。


ーアンリアレイジとコラボレーションするきっかけは?

 森永くんが使っていたフォトクロミック(紫外線に反応して色が変わる技術)という素材を、僕も同じ頃に青山大学の研究室の先生に教えてもらって触ったりしたこともあって、それで共通の話題がありました。 パリコレについて相談された時は、テーマが面白いなと。これだったらいろいろといける、というかお手伝いできることとかもあるかもしれないし、もしかするとアイデアを出したりとか、そういう可能性もあるんじゃないかなと思って、喜んで参加させてもらうことになりました。

ー今回のコレクションテーマは「SHADOW(邦題:光)」

 普遍的なテーマだし、アートでも昔からよく素材にされてるモチーフ。僕もそういう作品を作ったことがあって、それを見てもらったりもしたんですが、そこからアイデアを膨らませたりもしました。 ただ、僕がいつもやっている展示とかライブパフォーマンスの場所と違うのは、中心にあるのがやっぱり洋服なので、「光と影」のネタが面白かったとしても、それが洋服と一切関係なかったりすると、やる意味あるのかな〜ということになって、なくなっていく。

 ただ、最初のお互いいろいろアイデアを出したりするときは、どうしても面白いネタにひっぱられるというか、そういう話をしがちなので、すごくたくさん今回のショーでは使えないけど他でいけるよね、というアイデアは溜まっていって、そういう意味では良かった。今回だけじゃなくて、この先に繋がるプロジェクトも、まだちょっと気が早いですけど、いろいろあるんじゃないかなという気がしています。

anrealage-05-140923_019.jpg

ーアンリアレイジとは? 森永邦彦とは?

 すごく論理的にテーマがあって、そこからこういう服を作るとか、こういうショーをやるという説明ができるので、しかも展開の仕方とかも論理的であり数学的であり、背景にあるストーリーはもちろんあるんだけど・・・なんでしょうね。僕が普段考えるような手法に近いところもあって。そこが実は、森永くんというのはすごく特殊なファッションデザイナーなのかなという気がしたんです。

 服が変形していくことで、その元のモチーフは変わらずに、変形していったときに着られないものになるときもあるかもしれないけど、でもそこには一環したルールがあって。そのルールのもとで、いろいろルールを継承して何かを作るとか、あとはプログラム的な考え方に近くて、そういうところが面白いなぁと。

ーショーの本番に向けて。

 テーマの「光と影」というところから発展して、ここまできたというか。こういうアイデアに落ち着いたんだなというのが、見てもらえるとわかる部分がすごくあると思う。楽しみに見て欲しいですね。