密着レポートについて

デザイナー森永邦彦が手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」パリコレデビューまでの6日間に密着。現地のアトリエやショー会場から、服作りやバックステージなどの様子をリアルタイムでレポートします。更新は「ANREALAGE」チームが日本を発つ9月18日から、ショー当日の23日まで。

ショー当日の23日17時(日本時間24日0時)前からコレクションのメイキングムービーを公開し、会場からショーのライブ中継を予定しています。 ※回線の状況で途切れる場合もあります。

アンリアレイジとは?

日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、2003年に森永邦彦が立ち上げて今年で11年目。 ○△□といった形の探求から、「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」など最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を再考する。パリコレデビューとなる2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。


公式HP: http://www.anrealage.com/

更新終了しました

当日の朝 ショーピース到着

 2014年09月23日 17:40 JST

【パリ=23日9:00】ショー当日の朝。快晴のパリ。

ノートルダム大聖堂を横目にセーヌ川沿いを走り、ショー会場に向かいます。


森永デザイナーは、先輩の相澤陽介さんと談話中。

ここがバックステージ。

スタッフ用のウィンドブレーカー。

ショーピースを乗せたトラックが到着しました。

バックステージに運びこみます。

ショー前夜

 2014年09月23日 14:20 JST

【パリ=20日23:00】アトリエに戻ったアンリアレイジと演出チーム。

森永デザイナーを学生の頃から知る、副社長で広報の伊藤さんは、「過去最大のピンチかもしれない」とつぶやきました。

それぞれの意見を出し合い、より明快で、より強いコレクションを、全員で作り上げます。

「服に懸けることにしました」と森永デザイナー。

もう日付が変わって、ショー当日。残された時間はあと少し。

この後、深夜まで作業が続きました。

【インタビュー】フォトグラファー シトウレイが見る森永邦彦(動画)

 2014年09月23日 13:40 JST

【パリ=22日】森永邦彦デザイナーとフォトグラファー シトウレイさんは同じ早稲田大学の出身で、サークル「繊維研究会」を通じて交流があったそう。

 「繊維研究会」は1949年に創立。大学のファッション研究サークルとしては最も古いと言われています。「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」や「TOKYO RIPPER(トウキョウリッパー」など、サークルに関連したメンバーによるブランドは、アンリアレイジだけではありません。


ー森永邦彦について

 ずっと彼のショーや展示会を見させてもらっているので、一緒に成長してきた仲間のような存在です。私の人生の大事な区切りや色々な局面に、彼と彼の服が側にありました。

 ここ最近は「どこまで行っちゃうんだろう」って怖さもあるし、楽しみでもあって、スペースシャトルみたいな感じですね。私達が見たことのないてっぺんはどこまで行けるんだろう、と考えるとすごく楽しみです。

ー今回のアンリアレイジに期待することは?

 それを考えると、もうなんか胸が苦しくなるんですけど、いい風に受け止められてほしいな。ポジティブな反応があればいいな、とすごく願っています。だけど、パリはパリ。彼のトリッキーなところであったり、ちょっと数学的なアプローチをするところが、パリのエレガンスにどう受け入れられるかのか、すごく興味があると同時に胸がドキドキしてます。自分のことのように緊張しますね。彼が出してきたものを全てすくい取れるような仕事を、私もしたいなと思います。お互いにベストを尽くしたいな。

会場テスト 特殊演出は成功するか?

 2014年09月23日 11:30 JST

【パリ=22日20:00】ショーピースを持って、再び会場のBeaux-Arts Salle Melpomene(ボザール メルポメーヌ)へ。

anrealage-build_01.gif


anrealage-05-140923_002.jpg

施工が終わり、少しずつショーの雰囲気になってきました。

anrealage-05-140923_003.jpg真鍋さんや照明担当者と共に、特殊演出のテストを繰り返します。

anrealage-05-140923_004.jpg

anrealage-05-140923_005.jpg

anrealage-05-140923_006.jpg


anrealage-05-140923_008.jpg今日もウエアラブルカメラを装着し、"デザイナー目線"を撮影します。

anrealage-05-140923_009.jpg

anrealage-05-140923_010.jpg真鍋さんが自作したという装置は全部で10個。

anrealage-05-140923_011.jpg

anrealage-05-140923_012.jpg

anrealage-05-140923_013.jpg

anrealage-05-140923_014.jpg

anrealage-05-140923_015.jpg

anrealage-05-140923_016.jpg特殊演出に少し問題があったようで、再びアトリエで改善策を練ることになりました。

anrealage-05-140923_017.jpg

コレクションを支えるスタッフ

 2014年09月23日 06:30 JST

【パリ=22日17:00】ショー24時間前。

 制作、フィッティング、ヘアメイク、演出、照明、音響、展覧会準備やセールスの準備、全てがラストスパートです。アトリエの人数はMAXに。

anrealage_04_140923_01_002.jpg

 真鍋さんと演出・ディレクションの金子さん、そして森永デザイナーらが、特殊演出のテストを行っています。

anrealage_04_140923_01_001.jpg 音楽は、2002年秋冬シーズンから担当している杉原一平さん。

anrealage-03-140922_005.jpg

anrealage-03-140922_003.jpg

フォトグラファーの奥山由之さんは、森永デザイナーが監修した雑誌「SWITCH」10月号でもカバーの撮影を担当しています。

anrealage_04_140923_01_008.jpg