密着レポートについて

デザイナー森永邦彦が手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」パリコレデビューまでの6日間に密着。現地のアトリエやショー会場から、服作りやバックステージなどの様子をリアルタイムでレポートします。更新は「ANREALAGE」チームが日本を発つ9月18日から、ショー当日の23日まで。

ショー当日の23日17時(日本時間24日0時)前からコレクションのメイキングムービーを公開し、会場からショーのライブ中継を予定しています。 ※回線の状況で途切れる場合もあります。

アンリアレイジとは?

日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、2003年に森永邦彦が立ち上げて今年で11年目。 ○△□といった形の探求から、「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」など最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を再考する。パリコレデビューとなる2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。


公式HP: http://www.anrealage.com/

更新終了しました

パリ11区VOLTAIREエリアを歩く

 2014年09月22日 15:50 JST

【パリ=21日17:00】アンリアレイジがアトリエとして使用しているスタジオは、パリ11区のVOLTAIRE(ヴォルテール)付近。少し周辺を散策してみました。

anrealage-09-140921_007.jpg

前日まで汗ばむほどの暑さでしたが、ようやく秋らしい風が吹いています。広場にはレトロなメリーゴーランドも。

anrealage-09-140921_006.jpg

テイクアウトのピザ屋さんは、アンリアレイジのスタッフ用のランチにも利用しています。

anrealage-09-140921_005.jpg

anrealage-09-140921_004.jpg

 小さな公園も。

anrealage-09-140921_009.jpg

 日曜日で休みの店が多かったものの、ひときわ賑わっていたのが「Pause Cafe(ポーズ・カフェ)」。フランス映画「猫が行方不明」の舞台になったそう。

anrealage-09-140921_003.jpg 

 あんな所にインベーダーを発見。

anrealage-09-140921_001.jpg

 これは、バンクシー監督の映画「EXIT THROUGH THE GIFT SHOP(イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ)」にも出演していたフランス人ストリート・アーティストSpace Invaders(スペース・インベーダー)の作品です。

anrealage-09-140921_002.jpg タイル製のインベーダーで世界中を侵略する野望を持っているそう。すでにパリでは1000個以上のインベーダーが存在するようなので、またどこかで出会うかもしれませんね。

パリコレの招待状

 2014年09月22日 08:30 JST

【パリ=21日20:00】アンリアレイジからの招待状を公開。パリで初めて発表する2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題=光)」。

anrealage-08-140922_002.jpgアンリアレイジの招待状は、いつもそのシーズンのコレクションのヒントになっています。手がけたのはNO DESIGN。

anrealage-08-140922_003.jpg
今回は、
白と黒の2色でできていて、斜め上からライトが当たっているようなデザイン。特殊なボタンは、デジタルクリエイター集団MUDSNAIL(マッドスネイル)が手がけました。

anrealage-08-140922_004.jpg

「影の実態を切り離す」といった意味があるようです。

 日時は9月23日17時(日本時間:9月24日0時)。Fashionsnap.comでは、ショーの模様を映像でライブ配信します。

神は細部に宿る〜2015年春夏コレクションの素材を一部公開

 2014年09月22日 04:50 JST

【パリ=21日15:00】アンリアレイジの服作りの根底にある「神は細部に宿る」という信念。

 特にブランド初期は、1万個のボタンを縫い付けたスーツや、一方で縫い付けた全てのボタンを切り落として糸だけを残したジャケット、おもちゃビーズを全体に装飾したコートや数十枚のベビードレスを重ねたドレスなど、過剰とも言えるほど繊細な手仕事を結集し、圧倒的な時間をかけた服を発表しました。

 なかでも真髄と言える代表的な技術がパッチワーク。ブランドの立ち上げの頃、森永デザイナーが自ら縫って、そのテクニックを徐々に確立していったといいます。過去には、シャツの襟だけをはぎ合わせたベストや、袖だけをはぎ合わせたスカートなども発表。極小のランダムな形に刻まれた数種類(時には数十種類)の布地を、パターンに合わせて縫い合わせるという方法で、時にはパイピングをはさみ込むなど、気の遠くなるような作業を経て作られています。

 現在のアンリアレイジのパッチワークを縫っているのは、髪が腰まで長くハードコア好き、という一人の男性。国立の団地で行われているというその作業は、決して他人に譲らないのだそう。

 23日にパリで発表されるコレクションにも、パッチワークの技術が反映されています。それらを含め、「ANREALAGE」2015年春夏コレクションと、2シーズン目のスタンダードライン「ANSEASON ANREALAGE」から、素材の一部を初公開します。

anrealage-02-140920_003.jpg



 「ANSEASON ANREALAGE」ラインの新作ニットは、フォトクロミックの技術によって、紫外線に反応して色が変わります。

 これは、2013-14年秋冬コレクション「COLOR」で発表された技術を反映したもの。太陽光(紫外線)に反応し、分子構造の変化によって色が変わるという仕組みで、数分で元の色に戻ります。

textile_01.gif

セールスエージェントはクリスティーヌ・マッザ

 2014年09月22日 01:30 JST

【パリ=21日12:00】ショー2日前。モデルキャスティング、制作、セールスの準備、展覧会の施工など、全てが同時進行で動きます。

anrealage-07-140921_006.jpg

 セールスエージェントのChristine Mazza(クリスティーヌ・マッザ)がアトリエに訪れました。

 これまでショールームの草分けCVDCの経営をはじめ、名だたるブランドのコンサルタントを務めており、現在は「UNDERCOVER(アンダーカバー)」や「AGANOVICH(アガノヴィッチ)」など4ブランドを担当。新たにアンリアレイジを手がけることになりました。この時期はとても忙しそう。

anrealage-07-140921_005.jpg

 アンリアレイジについて「とても強くて訴えかけるものを持っています。そして、アイデアやテクノロジーも新しい」と話すクリスティーヌ。

 「アンリアレイジを世界ブランドにしてみたい」という考えを持っていて、高いクリエイションやテクニックを理解できる店だけで展開していくなど、じっくりと進めていくそうです。

 森永デザイナーに「ショーが楽しみね」と声をかけて激励しました。

バスティーユ広場のマルシェ

 2014年09月21日 22:00 JST

【パリ=21日11:00】日曜日の朝。アトリエ近くのバスティーユ広場では、朝早くからマルシェ(朝市)が開かれています。

anrealage-07-140921_002.jpg

花、野菜、果物、肉、魚、パン、そして古着やアンティーク雑貨など、様々な店が軒を連ねています。

anrealage-07-140921_003.jpg

フランスでは日曜日が休みの店が多いこともあり、今日も多くの人で賑わっていますね。