密着レポートについて

デザイナー森永邦彦が手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」パリコレデビューまでの6日間に密着。現地のアトリエやショー会場から、服作りやバックステージなどの様子をリアルタイムでレポートします。更新は「ANREALAGE」チームが日本を発つ9月18日から、ショー当日の23日まで。

ショー当日の23日17時(日本時間24日0時)前からコレクションのメイキングムービーを公開し、会場からショーのライブ中継を予定しています。 ※回線の状況で途切れる場合もあります。

アンリアレイジとは?

日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、2003年に森永邦彦が立ち上げて今年で11年目。 ○△□といった形の探求から、「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」など最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を再考する。パリコレデビューとなる2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。


公式HP: http://www.anrealage.com/

更新終了しました

ショーのライブ中継が決定

 2014年09月20日 22:40 JST

【パリ=20日12:30】パリのインターネット環境は良くなってはいるものの、ファッションショーの会場となるテントやホールなどの通信回線は、決して良いとは言えません。

 アンリアレイジのショー会場となるBeaux-Arts Salle Melpomene(ボザール メルポメーヌ)の場合も同様でしたが、現地テストを繰り返し、中継することが可能になりました。

anrealage-06-140920_008.jpg

 ショーの開始予定時刻は、9月23日17時(日本時間:9月24日0時)。2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。

 「ANREALAGE」初のパリコレクション映像を、特設ページ(http://www.fashionsnap.com/live/anrealage/)とトップページ(http://www.fashionsnap.com/)でライブ配信します。

ウエアラブル×アンリアレイジ

 2014年09月20日 21:00 JST

【パリ=20日11:00】土曜日のパリの朝。犬の散歩やベビーカーを引いてお出かけする親子などが多く、少しゆったりムードです。

anrealage-01-140920_003.jpganrealage-01-140920_004.jpg今日から本格的なモデルキャスティング今日と明日の2日間で200人ほどのモデルがやってきます。

anrealage-01-140920_007.jpg

森永デザイナーに、パナソニック4KウェアラブルカメラHX-A500を装着してもらいました。

anrealage-01-140920_011.jpganrealage-01-140920_015.jpg

ウエアラブルカメラと針山のコンビネーションが絶妙です。

anrealage-01-140920_016.jpg

今日の森永デザイナーのスタイルは、新スタンダードライン「ANSEAZON ANREALAGE(アンシーズン アンリアレイジ)」のパッチワークジャケットとシューズ、2013年春夏コレクション「BONE」のシャツ、スタッフからのプレゼント特別にロゴが刺繍されたジーンズ。

anrealage-01-140920_010.jpg

ソックスは「mintdesigns(ミントデザインズ)」です。

anrealage-01-140920_009.jpg

"デザイナー目線"を撮影中。

anrealage-01-140920_020.jpg

パタンナー大嶋さんにもウェアラブルカメラを装着。

anrealage-01-140920_018.jpganrealage-01-140920_019.jpg

「やはり少し違和感はありますね。違和感がなくなれば、もっと楽しくなると思いますよ」

anrealage-01-140920_021.jpg

「いま、テクノロジーとファッションは、微妙にレイヤーが違うんですよね」と話す森永デザイナーは、テクノロジーを「便利」とは別の「着たい」という方向に持っていきたい、という考えを持っています。

anrealage-01-140920_022.jpg

「もし自分で(ウエアラブルのデザインを)やるのであれば、ファッションとして使えるものにしたいですね」

アンリアレイジがウエアラブルデバイスを作ったら、どんなものができるのでしょうか。

【インタビュー】アンリアレイジ森永邦彦〜パリに挑む理由〜(動画)

 2014年09月20日 19:30 JST

ーアンリアレイジのブランドコンセプトは?
 「日常(A REAL)、非日常(UN REAL)時代(AGE)」という3つの言葉です。


ーコレクションを作る上で常に意識してきたことは?
 日常で見落とされてしまっていることや、なかなか気付いていないことをすくい上げて、その面白さを洋服に落とし込むということですね。


ーパリで発表することを考え始めたのはいつ頃から?
 ブランドを始めた頃からから、パリへの遠い憧れというものはあったんですが、具体的に強く意識し始めたのはここ3シーズン位です。


ーそのきっかけは?
 東京で10年間、自分達らしい発表を続けることを一つの目標にしていました。ブランドが10年の区切りに至った時、次の舞台に一歩進んで行かなくてはという思いがどんどん強くなってきました。


なぜパリなのか?
 自分の中のメインストリーム。すごく外れたことをやりたいという気持ちと同時に、それをど真ん中の場所でやってみたいという気持ちがありました。やはり、ファッションではパリが一つ大きな中心の舞台。そこに持っていって勝負がしたいと考えました。


ーアンリアレイジにとってのメインストリームとは?
 人がみつけてない視点で洋服を作り、その洋服がすごく面白いものになり、それを着る人や感じてくれる人が増えれば、だんだんとその道がメインストリームになっていくという可能性を感じています。


ーパリコレクションの目的は?
 目標の一つとしてやってきたことですが、もちろんゴールではなくて、自分達がこの先のヴィジョンをどう描いていくか。ここから始めていきたいと思っています。

「愛の南京錠」ポン・デ・ザール橋を渡る

 2014年09月20日 09:30 JST

【パリ=19日18:30】ショー会場の国立美術学校Beaux-Arts Salle Melpomene(ボザール メルポメーヌ)の下見を終え、側を流れるセーヌ川に架けられたポン・デ・ザール橋を渡りました。

ここは、恋人たちが永遠の愛を誓う「愛の南京錠」で知られています。金網にかけられた様々なデザインの南京錠は数千個に及び、橋全体の南京錠の重さは50トンを超えるという試算があるそう。

今年6月には、重さに耐えきれす橋の一部が壊れるという事態に。

anrealage-06-140920_030.jpg

現在は無事に補強工事を終え、再び恋人たちの聖地となっています。

ショー会場は17世紀に建てられた美術学校

 2014年09月20日 06:00 JST

【パリ=19日17:30】ブランドの世界観を伝えるショーにおいて、会場は重要な要素のひとつ。東京で10年間にわたってショーやインスタレーションを発表してきた「ANREALAGE」にとって、コンセプチュアルなコレクションを表現するための場所選びは妥協できません。

anrealage-06-140920_026.jpg

anrealage-06-140920_025.jpgパリで初めてのショーとなる今回、森永デザイナーが第一希望としていたのがここ、国立美術学校Beaux-Arts Salle Melpomene(ボザール メルポメーヌ)。350年以上の歴史があるそうです。

anrealage-06-140920_023.jpg

「ここには何度か来ていて、歴史がある建物や、日本にはない独特な雰囲気に惹かれました」

anrealage-06-140920_021.jpg

そしてもうひとつ、選んだ理由があるそう。

COMME des GARÇONSも会場に使っていたり、過去にここからすごいファッションが生まれているんです

anrealage-06-140920_003.jpganrealage-06-140920_011.jpg

そのほか、「NUMBER (N)INE」や「UNDERCOVER」も、この場所でショーを行っています。

anrealage-06-140920_019.jpg

今日の下見では、パリのプロダクション、アイサイトの担当者と施工や照明などについて打ち合わせ。

anrealage-06-140920_010.jpg

同時に、椅子とランウェイの配置や、ウォーキングのシュミレーションを行います。

anrealage-06-140920_013.jpgバックステージの確認も。

anrealage-06-140920_012.jpganrealage-06-140920_017.jpganrealage-06-140920_016.jpg

「パリのど真ん中というロケーションということもあって、ショー会場として人気が高い。もうひとつの候補も用意していたんですが、最終的にここに決まった時は嬉しかったですね」

anrealage-06-140920_027.jpg

当日は、この場所にどんなランウェイが作られるのでしょうか。