密着レポートについて

デザイナー森永邦彦が手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」パリコレデビューまでの6日間に密着。現地のアトリエやショー会場から、服作りやバックステージなどの様子をリアルタイムでレポートします。更新は「ANREALAGE」チームが日本を発つ9月18日から、ショー当日の23日まで。

ショー当日の23日17時(日本時間24日0時)前からコレクションのメイキングムービーを公開し、会場からショーのライブ中継を予定しています。 ※回線の状況で途切れる場合もあります。

アンリアレイジとは?

日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、2003年に森永邦彦が立ち上げて今年で11年目。 ○△□といった形の探求から、「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」など最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を再考する。パリコレデビューとなる2015年春夏コレクションのテーマは「SHADOW(邦題:光)」。


公式HP: http://www.anrealage.com/

更新終了しました

機内

 2014年09月18日 23:25 JST

【成田ーパリ=18日】

anrealage-0918-1-140918_002.jpg

成田空港からパリへ

 2014年09月18日 13:20 JST

【成田:9月18日12:30】森永デザイナーをはじめとする「ANREALAGE」チームが、成田空港に到着しました。

anreage-0918-140918_002.jpg

anreage-0918-140918_003.jpg

新作コレクションのサンプルやヘアメイクのピースなど、大量の荷物も一緒にパリに運びます。

anreage-0918-140918_004.jpg

スタッフの皆さんは、荷造りや準備で、ほぼ徹夜だそう。

anreage-0918-140918_005.jpg

森永デザイナーは、「神田さんから頂きました」という「keisuke kanda(ケイスケ カンダ)」のシャツとカットソーがドッキングしたデザインのトップスに、「ANREALAGE」のパンツ、そしてエースが制作したキャリーバッグと、ポーターとコラボレーションしたパッチワークのトートバッグというスタイル。

anreage-0918-140918_008.jpg

「靴もスタッフからの誕生日プレゼントなんです」

anreage-0918-140918_009.jpg

コンバースのオールスターを、スタッフが手作りで「ANREALAGE」ならではのパッチワークのデザインにカスタムしてくれたんだそう。

「昨日もハプニングがたくさんあって・・・ありすぎて思い出せない」と森永デザイナー。

anreage-0918-140918_011.jpganreage-0918-140918_010.jpg

「これから準備することがたくさんあるので、頭がいっぱいです」

anreage-0918-140918_013.jpg

anreage-0918-140918_007.jpg

これからパリに向けて飛び立ちます。


ANREALAGE(アンリアレイジ)とは?

 2014年09月18日 03:52 JST

 日常(A REAL)、非日常(UN REAL)、時代(AGE)をコンセプトに、森永邦彦デザイナーが2003年に「ANREALAGE」を立ち上げてから11年目。数千ピースで構成されるパッチワークをはじめ、「○△□」など身体とは異なる形からのアプローチ、そして「色を着脱する服」「サイズが変わる服」「季節に左右されない服」といった最新テクノロジーを融合したコレクションまで、服の価値を異なる角度から再考してきました。

anrealage-2013-14-aw-20130319_047-thumb-500xauto-175464-thumb-500x750-175718.jpg2013年秋冬コレクション「COLOR」


 その根底にあるのは「神は細部に宿る」という信念。これから世界に挑んでいくスタート地点として、ずっと思い描いていたという森永のパリの舞台が今、夢から現実になろうとしています。

anrealage-2014aw-20140328_072--thumb-660xauto-269373.jpg

2014年秋冬コレクション「SEASON」

 今も多くのデザイナーが世界のファッションの中心地パリを目指していますが、1シーズン目からパリ高級服飾組合 (La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne / 通称 サンディカ)の正式登録を受けて、オンスケジュールで参加する「ANREALAGE」は異例。国立美術学校Beaux-Arts Salle Melpomene(ボザール メルポメーヌ)を会場に、ショーの演出とディレクションは金子繁孝、ヘアメイクは加茂克也、スタイリストは山口壮大、そしてRhizomatiks(ライゾマティクス)の真鍋大度を起用し、これまでにないファッションの形を提示するといいます。

parco_asean_top-thumb-630xauto-164078.jpg

2013年春夏コレクション「BONE」

 パリにおいても「自分たちらしい服づくりを貫く」と話す森永デザイナーは、「COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)」の川久保玲と「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」の山本耀司が80年代のモード界に「黒の衝撃」を与えたパリにおいて、新たな歴史を刻むことができるのでしょうか。

anrealage-bs-2014ss-20131016_030-thumb-662xauto-226635.jpg

 ライブレポートでは、ショーの準備から当日、そしてレクレルールで開催される展覧会まで、森永デザイナーと「ANREALAGE」チームの6日間に密着。ショーの開始は、9月23日17時(日本時間:9月24日0時)が予定されています。