唇に施すジュエリー、ゲラン「ルージュ ジェ」から新ライン登場

「Rouge G de Guerlain(ルージュ ジェ ル ブリヤン)」
「Rouge G de Guerlain(ルージュ ジェ ル ブリヤン)」
画像: GUERLAIN / Fashionsnap.com

 「GUERLAIN(ゲラン)」は、究極の使い心地と発色を実現したプレミアムリップスティック「Rouge G(ルージュ ジェ)」から新ライン「Rouge G de Guerlain(ルージュ ジェ ル ブリヤン)」を発売した。

 19世紀末、初めてスティック状リップを世に送り出したゲラン。リキッド状のリップカラーがメインだった時代に、持ち運びに便利な初の固形化リップを発明。その後、現代に至るまで180年以上の時を越えてシックなスタイルとモダニティ、機能性を追究してきた。

 そして、今や1995年に発売された「キスキス」と並び世界中の女性に絶大なる支持を得ているゲランの傑作が、2009年4月誕生した「ルージュ ジェ」である。メイクアップを象徴するアイテム、リップスティックだからこそ、発色やつけ心地はもちろん、「リップを唇にのせるその仕草から革新を起こしたい。」というゲランのメイクアップ クリエイティブ ディレクター、オリヴィエ・エショードメゾンの考えより、パッケージやフォーミュラをはじめ、ディテールに至まで美の情熱を込めた唇に施すジュエリーとして、今や世界中の女性達を虜にしている。

 2010年春に登場した新たなライン「ルージュ ジェ ル ブリヤン」は、理想のリップを実現するプレミアムなフォーミュラとリップスティックの概念を超越したパッケージを追究。フォーミュラには、リキッドパウダーや球状ヒアルロン酸、ググルエキス等を配合し、「滑らかさ」や「ふっくら感」をつくりあげるほか、宝石のような「輝き」を叶えるため、光に反応して輝くルビーの特殊な性質に目を付け、パウダー状にして配合。これに超微粒子クリスタルを加え最高級のきらめきを実現した。

 そして、世界の才能が集結するヴァンドーム広場で最も注目される若手ジュエリーデザイナー、ロレンツ・バウマーが手がけたオブジェのようなパッケージ。「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のジュエリーデザイナーでもある彼が、金塊と20世紀初頭のアンティークのパウダーケースにインスピレーションを受けて誕生したデザイン。水平に開くコンパクトから鏡が飛び出すデザインは、今までのリップスティックの概念を大きく変え、メイクアップ業界において一大センセーションを巻き起こした。

 ヌード、レッド、ピンク、オレンジのパール感の控えめな全10色がラインナップ。極上のみずみずしいツヤと輝き、シアーな発色、そして至極の心地よさに加え、ジュエリーを手にしているような感覚を得る事のできる、贅を尽されたリップ「ルージュ ジェ ル ブリアン」を是非味わってほしい。


■「Rouge G de Guerlain(ルージュ ジェ ル ブリヤン)」
 全10色 ¥6,195(税込み)
 HP:guerlain.co.jp/