Fashion News

SKATETHING手がける初ブランド「C.E」公開

2011年09月22日 10:30 JST

 グラフィックデザイナーSKATETHING(スケートシング)による初のブランド「C.E」が、東京・原宿の「VACANT(ヴァカント)」でデビューコレクションを披露した。ともに「Billionaire Boys Club(ビリオネアボーイズクラブ)」を手がけたToby Feltwell(トビー・フェルトウェル)やHishiとともに立ち上げた「C.E」は、8月にロンドンで発表。会場では2012年春夏シーズンのメンズウェアコレクション全32型を披露した。

「C.E」デビューコレクションはこちら

画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 「C.E」は、アメリカの作家Philip K Dick(フィリップ・K・ディック)の著書「Ubik(ユービック)」がSKATETHING、Toby Feltwell、Hishiともに好きだということから名付けられている。Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)とNIGO®が2005年にスタートしたブランド「Billionaire Boys Club」を手がけ、ストリートシーンを見守り続けてきた3人が「3人だけでやるとどうなる?」というアプローチからスタート。テーマには「Bring back Street Wear!」を掲げているといい、Science Fiction(サイエンス・フィクション)にインスパイアされた現代に合う新たな洋服を提案している。

 デビューコレクションではジャケットやシャツ、パンツ、フーディースウェット、コットンニットなど幅広いアイテムがラインナップ。モールスキンを使用したジャケットやPVCのレインジャケットなど素材やデザインで遊びつつも、程よくSK8THINGのグラフィックを取り入れた仕様が特徴だ。なかでもグラフィックTシャツは、ブランド名「C.E」の文字が入った「MARCEL'S TEE」や「PRE-COG TEE」、女性が描かれた「JENNY TEE」など豊富なデザインが揃う。「SK8THINGのグラフィックはもちろんかっこいいが、Tシャツだけではなくコーディネートがコンプリートできるようにファーストコレクションを揃えた」とToby Feltwellは話す。価格はTシャツで5,800円〜、シャツは15,000円〜、ジャケットは20,000円〜。

 SK8THINGは、世界初披露となった8月のロンドンでは暴動に見舞われたという「C.E」。展示会開催日には台風が上陸したことを受けSKATETHINGは「ロンドンに続いて、日本初披露となった東京での展示会は台風。天変地異というか(笑)、神に睨まれているようだね。」と笑い、「でもこんな悪天候にもかかわらず、多くの人に見てもらうことができて嬉しいよ」と語った。「C.E」は現時点で海外取引先としてパリの有名セレクトショップ「Colette(コレット)」他での展開が決定している。

Amazon ロゴ