ユニクロが中国に子会社設立 中国展開強化

 「UNIQLO(ユニクロ)」を運営するファーストリテイリングが5月17日、中国に子会社を開設することを発表した。設立は2012年6月を予定し、資本金は日本円で約28億円(35百万米ドル)。中国におけるユニクロ店舗の出店・運営を行っていく。

 中国におけるユニクロ事業の店舗網拡大を重要な経営課題のひとつに捉えるファーストリテイリングは、今後さらに出店開発活動を強化し、店舗網の拡大を進めることを目的に子会社の設立に至ったという。なお、2012年8月期の連結・単独業績に与える影響は軽微となる見込み。

 「UNIQLO」の中国における営業開始は、2002年9月。2012年4月末で127店舗を展開している。ユニクロは以前より中国、韓国、台湾を中心に出店を加速する方針を示しており、2010年3月には台湾に100%の子会社を設立し、同年10月に1号店を出店している。2011年8月期の発表では、海外展開におけるアジア地区の売上高は約8割を占めていた。最近では、2012年秋にサンフランシスコへ出店することを発表している。

■概要
・商号 :迅銷(上海)服飾有限公司
・所在地:中華人民共和国 上海市
・代表者:董事長 大笘 直樹
・設立予定:2012年6月
・資本金:35百万米ドル(28億円)