Fashion News

グローブ・トロッターから生誕50周年の映画シリーズ「007」世界100台限定モデル

2012年10月01日 10:30 JST

 「GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)」が、50周年を迎える世界最長映画シリーズ「007」の最新作「007 スカイフォール」のオフィシャル・パートナーに選出された。これを記念して、劇中で使用されているオフィシャルケースのレプリカモデル「007 スカイフォール・ケース」を世界限定100台で11月7日に発売。1897年の創業以来、英国王室をはじめ世界のセレブリティから支持を得る「GLOBE-TROTTER」が初めてボディにアルミニウム素材を取り入れたトラベルケースに仕上がっている。

世界限定100台
世界限定100台
画像: GLOBE-TROTTER
Our Sponsor

 「007 スカイフォール・ケース」は、これまでにないスペシャルケースを作りたいという映画製作会社の熱意に応え「GLOBE-TROTTER」が製作したトラベルケース。ブランドの長年の愛用者で、主人公ジェームズ・ボンド役の6代目を務める俳優Daniel Craig(ダニエル・クレイグ)らが登場する最新作「007 スカイフォール」のオフィシャルケースとして販売する。「007 スカイフォール・ケース」のボディは同社初となるブラック・アルミニウムが採用され、重厚感のあるガジェット・ハンドルには劇中のケースと同じくスコープ機能を搭載。ライニングには高級自動車の内装材として知られるアルカンタラ・キルトも用いられている。1から100番までのシリアルナンバー付きで、価格は588,000円(税込)。取り扱い店舗は「VULCANIZE LONDON(ヴァルカナイズ・ロンドン)」の青山店と大阪店、「VULCANIZE」の丸の内店と伊勢丹新宿店、名古屋店、「GLOBE-TROTTER」の銀座三越店を予定している。

 1962年10月5日、シリーズ第1作「007 ドクター・ノオ」のロンドンでの初公開から50年を迎える今年、「007」に携わってきた映画会社各社が共同で10月5日を「ジェームズ・ボンドの日」に制定。同日、「007」の映画製作の舞台裏を捉えたドキュメンタリー映画「Everything or Nothing: The Untold Story of 007」の公開や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での特集上映、カナダ・トロントの美術館での展覧会など様々な特別企画がそれぞれ初日を迎える。これに続いて、最新作となる第23作「007 スカイフォール」は12月1日にTOHOシネマズ日劇ほかで日本公開をスタートする。

■GLOBE-TROTTER
 URL:http://www.globetrotter1897.com/

Amazon ロゴ