ファッション業界の職種別平均年収2014年版を発表 MD・バイヤーが1位

ファッション業界 職種別平均年収2014年版
ファッション業界 職種別平均年収2014年版
画像: クリーデンス

 ファッション業界専門の人材紹介を手がけるクリーデンスが、「ファッション業界 職種別平均年収2014年版」を発表した。今回の調査は、同社の人材紹介サービスに2013年1月から12月までに登録した転職希望者のうち、25~39歳に該当する約1,800人の給与データから算出。前年はプレスが上位にランクインしていたが、今回はMD・バイヤーが全年代で1位を獲得。35歳から39歳のMD・バイヤーの平均収入は583万円となった。

 「ファッション業界 職種別平均年収2014年版」によると、ブランド内での就業人数が少なく、役職者の兼任も多かったことなどを理由に25歳から29歳、30歳から34歳、35歳から39歳の全年代でMD・バイヤー(年代順に367万円、468万、583万円)が1位を獲得。25歳から29歳では、2位はVMD(345万円)、3位は営業(343万円)となり、30歳から34歳の2位はプレス(410万円)、次いでVMD(403万円)がランクイン。35歳から39歳では、2位が店舗管理(566万円)、3位はプレス(467万円)となった。

 2013年のファッション業界の求人数は増加傾向となっており、店舗の出店拡大や消費増税前の駆け込み需要を見込んだ増員の影響で販売職の求人が増加。今回の平均年収調査でも、販売職は全年代で年収が増加しているという。また2014年の業界展望についてクリーデンスは、消費税増税の影響で一時的にニーズが落ち着く可能性をがあるとしながらも、首都圏で商業施設のオープン続くことを踏まえ店長や販売職などの人手不足は続くと予測。非店舗系の職種においては、求人数は横ばいか微増で推移する見込みだという。