大御所ファッションジャーナリスト スージー・メンケスがVOGUEの国際エディターに

 著名ファッション・ジャーナリストSuzy Menkes(スージー・メンケス)が、「VOGUE(ヴォーグ)」の国際エディターに就任した。イギリス、フランス、イタリア、中国、ロシア、ドイツ、スペイン、そして日本で展開されている「VOGUE」のウェブサイトで、批評やレポートを担当する。

 Suzy Menkesは、ケンブリッジ大学を卒業後、編集者としてタイムズ紙など各紙で活躍し、1988年から25年間に渡ってインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙で世界中のコレクションを取材してきた名物ファッション・ジャーナリスト。その活動が讃えられ、イギリスでは大英帝国勲章、フランスではレジオン・ドヌール勲章を受勲している。コンデナスト・インターナショナルに迎えられたSuzy Menkesは、国際エディターだけではなく、同社が毎年サポートしているラグジュアリー業界のカンファレンスに出席するなど、様々な役割が与えられる予定だという。

 コンデナスト・インターナショナル会長兼最高経営責任者(CEO)Jonathan Newhouse(ジョナサン・ニューハウス)は、「Suzy Menkesは、ファッションやその背後にあるビジネスへの鋭い洞察力と優れた判断力の才能を持っている。彼女の貢献はVOGUEにさらに大きな品質と権威をもたらすでしょう」と評価。Suzy Menkesは、「ジャーナリスティックな卓越性を持つコンデナスト・インターナショナルの国際エディターとして、VOGUEのウェブサイトを通じてより広い世界に向けて発信する機会を得ることが出来て光栄です。デジタル時代の新たな挑戦を受け入れるのに最適な時期だと思います」とコメントしている。