Art News

日本橋で一足早い「花見」アートアクアリウム展プロデューサーの新展覧会を公開

2014年03月06日 22:30 JST

 「アートアクアリウム展」を手がける木村英智氏が新たに提案する展覧会「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」の館内が3月6日、初公開された。本物の桜を使わずに日本の伝統品と最新のアート技術で「花見」を演出する展覧会で、会場には、江戸切子1000個で作った直径約4メートルの巨大シャングリラと金魚が泳ぐ「サクラリウム」から成る大型作品「江戸桜リウム」が登場。3月20日に控えた「コレド室町」のグランドオープンを日本橋らしい文化で盛り上げるという。

江戸桜ふぶき
江戸桜ふぶき
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 五感で体験する新感覚の花見を提案する「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」は、五街道の中で最も古い「東海道」にフィーチャーして展覧会を構成。主に8つの展示エリアに分けて、日本橋と関係が深い京都と三重の伝統工芸を中心に紹介する。藍染めののれんをくぐると、未来の日本橋を公開制作する絵巻が出迎え、桜柄の着物だけを19点集めた「和桜並木道」に続く。会場中央の3つの個室「夜桜宴の間」はオリジナルの夜桜柄の織物で壁一面が装飾されており、19時以降には、硝子の桜の花びらとプロジェクションマッピングで演出する「江戸桜ふぶき」を正面に眺めながら伊賀焼や京漆器などの器で味わうコース料理を提供。「江戸桜ふぶき」では土曜限定でスペシャルステージを実施する。この他、京都で作られた桜柄の手漉き和紙が彩る門や三重県鈴鹿市の伝統産業「伊勢型紙」を使った影絵アートの間、京都老舗の菓子司と茶舗がコラボレーションした「和菓子の間」を制作。会場にはお茶席スペースを設け、1日200名限定のプレミアムチケット購入者に向けて「和菓子の間」の世界観を表したお茶席セットを用意する。

 アートアクアリウムの最新作「江戸桜リウム」は展示エリア終盤に設置され、約6分かけて満開の桜を表現する照明演出を展開。桜にちなんだ品種の金魚が泳ぐ「サクラリウム」は水面に舞い散った桜の花弁をイメージしている。毎日19時からは「夜桜うたげ」と題し、京都と三重の日本酒を江戸切子グラスで味わいながら「江戸桜」を楽しめる酒造ナイトを実施する。各エリアの冒頭には著名呉服屋の内藤が制作する草履を置き、「来場者にスイッチを切り替えてもらう」演出を施した。木村氏は今回の新しい試みについて、「今夏に4回目の開催を予定するアートアクアリウム展が日本橋の夏の新しい風物詩とも表現されているが、江戸桜ルネッサンスも春の新しい風物詩になってくれたら」とコメント。「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」は、3月7日から30日までの開催が予定されている。


■アートアクアリウム展プロデューサーが「花見」の新展覧会 日本橋を桜満開に
 http://www.fashionsnap.com/news/2014-02-17/hanami-hid-1403/

■江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ
 開催期間:2014年3月7日(金)〜3月30(日)
 時間:11:00〜23:00 ※最終入場 22:30
    江戸桜ルネッサンス(11:00〜19:00)/夜桜うたげ(19:00〜23:00)
 ※19:00からドリンクを片手に展示作品を楽しめる。
 ※土曜日19:00以降はスペシャルイベントを開催予定。
 ※入場料金変動なし、入替なし、飲み物の注文は任意。
 ※一部、入場不可の日時あり。
 会場:日本橋三井ホール
 住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町5F(エントランス4F)
 入場料(税込):当日料金 一般 1,000円/子供(小学生以下)600円/3歳以下無料
 プレミアムチケット:
  「夜桜の間」花見席 超VIPプレミアムチケット
    部屋料10,000円(税込)+コース料金 1人 5,000円
    ※1室1.5時間貸し切り。1日6組限定チケット。優先入場特典付き。
    ※飲み物代は別途、料金が発生する。
    ※利用可能人数は2名〜6名、時間は19:00〜20:30、21:00〜22:30の2部制。
    ※申し込みは、希望日の前々日23:59まで。
    ※プレミアムチケットは、全国のセブン-イレブンチケットで2月中旬より販売開始予定。
  「亀末廣」&「老松」&「福寿園」お茶席VIPプレミアムチケット
    一般 3.000円(税込)
    ※1日200名限定チケット。時間指定有り。優先入場特典付き。
    ※全国のセブン-イレブン・マルチコピー機で販売(11:00〜19:00)

Amazon ロゴ