国内気鋭ブランドが"和"を表現 伊勢丹で七夕イベント開催 ミント初の浴衣も

mintdesignsの浴衣
mintdesignsの浴衣

 ミキリハッシンの山口壮大ディレクションによる企画展「ISETAN×KORI-SHOW 七夕の過ごし方『ゆらゆらほし』」が、伊勢丹新宿店本館7階の呉服フロアで6月25日から開催される。店頭では、同氏が手がけるプロジェクト「KORI-SHOW(こりしょう)」のライフスタイル雑貨などを販売。同フロアでは、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」と「mintdesigns(ミントデザインズ)」がそれぞれ伊勢丹新宿店とコラボレーションした浴衣も展開される。

 「ISETAN×KORI-SHOW 七夕の過ごし方『ゆらゆらほし』」は、オーガニックコットン製の浴衣「夜着」や錫製の酒器、オーナメント「てんてれひめこ」などを通して、七夕の楽しみ方を提案するイベント。会場では、国内ものづくりメーカー9社とともに展開するライフスタイルブランド「KORI-SHOW」の雑貨や限定アイテムのファッション小物などを販売。「S.NAKABA(エスナカバ)」や「hatra(ハトラ)」といった過去に「KORI-SHOW」でコラボレーションしたブランド加え、「MUDSNAIL(マッドスネイル)」や「Kagari Yusuke(カガリユウスケ)」、「Eatable of Many Orders(エタブルオブメニーオーダーズ)」、「spoken words project(スポークン ワーズ プロジェクト)」、「mocco(モッコ)」、「ミズイロトシロ」などのアイテムも揃う。

 会場には、期間中無料で楽しむことができるハニカムラボと共同開発したテレビゲーム「ゆらゆらほし」を設置。6月28日と29日には「spoken words project」を講師に迎え、「ねがい」をテーマにした図案をシルクスクリーンやスタンプなどで風呂敷を制作するワークショップも開催される。

 呉服フロアでは、6月25日から「イセタンユカタセレクション2014」を開催。今シーズンの新作浴衣展開するイベントで、昨年も浴衣をデザインした「ANREALAGE」は着物の「片身替わり」と呼ばれる右半身と左半身、袖の左右で模様や色合いなどが異なる手法を取り入れ、同ブランド定番テクニックのパッチーワークで浴衣を製作。「ドール」と「ジグザグ」柄が特徴の「mintdesigns」初となる浴衣も販売される。

■ISETAN×KORI-SHOW 七夕の過ごし方「ゆらゆらほし」
 期間:2014年6月25日(水)〜7月8日(火)
 時間:10:30〜20:00
 場所:伊勢丹新宿店本館7階=呉服 東京都新宿区新宿 3-14-1