仏レクレルールが日本ブランドをフィーチャー「ANREALAGE」がジャック

デザイナーの森永邦彦
デザイナーの森永邦彦
画像: Fashionsnap.com

パリのファッションウィーク開幕前日、フランスを代表するセレクトショップL'ECLAIREUR(レクレルール)のセヴィニエ店で、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」による展覧会「A REAL UN REAL AGE」がスタートした。これまで同店舗では「UNDERCOVER(アンダーカバー)」の香水の発表イベントなども開催されており、オーナーのArmand Hadida(アルモン・アディダ)は、日本ブランドを含め「世界でも極めて少ない、本当のクリエイティビティを持ったデザイナーの作品だけを取り扱っている」と語った。

 「A REAL UN REAL AGE」は、2012年に「ANREALAGE」の10周年を記念して渋谷パルコミュージアムで開催された展覧会で、企画制作は亜洲中西屋(ASHU)。レクレルール7店舗のうち最大面積のセヴィニエ店内の各所に、これまで発表してきたコレクションから代表的な作品を厳選して展示している。エントランスのメインエリアでは、数万個のボタンやおもちゃビースを縫いつけたスーツや、数千ピースのパッチワークかで仕立てられたセットアップなど手仕事を駆使した作品が並び、店内奥のスペースには○△□や日本人の標準体型を変形させたマネキンなど、形への探求の結晶が展示されている。また店内にある147のプロジェクターに過去のコレクションの映像を放映し、音楽も変更するなど、店中をジャックしたような内容となっている。

 23日に初めてパリで発表された「ANREALAGE」の2015年春夏コレクションをフロントローで見ていたArmand Hadidaは、「大きな感動、サプライズ、素晴らしいひとときで、大きなエネルギーを注いでくれた。こうしてパリで紹介できることを誇らしく思う」とコメント。「ANREALAGE」の展覧会は、セヴィニエ店に続き他の店舗にも巡回する予定で、今後計画されている新店舗でも展示する予定。デザイナーの森永邦彦は、「ショーだけでは見せ切れないブランドの世界観を発表することができて嬉しい」と話している。

■ANREALAGE EXHIBITION「A REAL UN REAL AGE」
 日時: 2014年9月22日(月)~ 10月2日(木)
 場所: L'Eclaireur, Rue de Sévigné(レクレルール・セヴィニエ店)
 特別協力:パルコ 企画制作:亜洲中西屋

■パリコレデビュー6日間ライブレポート
 http://www.fashionsnap.com/live/anrealage/