アクビがアジアのストリートアートに注目 中国深センの次世代雑誌と協業

イメージ
イメージ
画像: オープンクローズ

 「Aquvii(アクビ)」が、中国で注目の都市、深センを拠点とするインディペンデント・ファッション誌「Little Thing Magazine(リトルシングマガジン)」にフィーチャーしたポップアップショップを出店する。「Aquvii」はアジアのストリートアートに近年注目しているといい、今回のショップを通じて中国の若手デザイナーやアーティストを紹介し、「Little Thing Magazine」の表紙展などを開く。期間は10月4日から30日まで。

 東欧を中心とする各国から収集したアンティークやアート作品を扱うショップとしてスタートした「Aquvii」は、アジアで生まれる新しいクリエイションを紹介したいという考えから、今回のポップアップショップをオープン。店内では、アジアと連携した「TOKYOのお土産」というコンセプトのもと、「Little Thing Magazine」によるコンセプトショップ「Little Thing」のオリジナルプロダクトや若手クリエイターの最新アイテムを紹介する。

 「Little Thing Magazine」は、世界中の美しいモノとクリエイティブなアイデアを集約したガーリーな雰囲気の誌面づくりが特徴。深センの元工場地帯を改装したアートコミュニティに構える「Little Thing」では、風変わりなアクセサリーや若手デザイナーによるアパレル、アート、ユーズドアイテムなどを販売している。

■ポップアップショップ
 会期:2014年10月4日(土)〜 10月30日(木)
 時間:12:00〜20:00
 場所:Aquvii TOKYO
 住所:渋谷区神宮前6-19-16 U-natura #101