ブルックリン発「ゴリラコーヒー」国内1号店が本格オープン フードやアパレルも充実

ゴリラコーヒー外観
ゴリラコーヒー外観
画像: Fashionsnap.com

 NYブルックリン発のハイエンドコーヒーショップ「ゴリラコーヒー(GORILLA COFFEE)」が1月17日に、日本1号店となる渋谷店を本格オープンする。国内ではベイクルーズがライセンス権を取得し、本国仕込みのコーヒーに加えてアメリカンテイストのオリジナルフードを提供。インパクトのあるロゴを活かしたオリジナルファッションアイテムの販売も開始する。

 「ゴリラコーヒー」の1号店は渋谷の神南エリアに出店。2フロア構成の店内はベイクルーズにより本国の世界感が再現され、クリエイティブスペースとしても活用できるように全75席のうち電源のある席も多数設けられている。コーヒーの価格は270円から。水出しコーヒーやエスプレッソ、カプチーノの他、1杯1杯ハンドドリップで淹れるプアオーバーや、コーヒーにエスプレッソを加えた看板メニュー「レッドアイ」も提供。プレオープン期間中は、温かい牛乳をエスプレッソに加えた「コルタード」の人気も高かったという。充実したコーヒーのメニューに加えて、ゴリラドッグやステーキサンド、エッグスラットなどのボリューミーなフードメニューと、チーズケーキやキャロットケーキなどのスイーツメニューも用意されている。

 ベイクルーズ担当者は「ゴリラコーヒー」の魅力を「コーヒー業界で言うサードプレイスを提供したコーヒーショップであり、ロゴやヴィジュアルもインパクトがありキャッチー。コーヒーをもっと身近に、わかりやすく伝えることができるお店だと思う」と話す。国内ではフードに加えてTシャツやキャップなどの商品の展開も充実させ、"ファッション感度の高いコーヒーショップ"として全国展開を目指す。

■GORILLA COFFEE 渋谷店
住所:東京都渋谷区神南1-20-17 1-2階
営業時間:7:30〜22:00
※オープン日は12:00〜