クリスチャン ダダが凱旋ショー、シンガポールに直営店出店も

2015−16年秋冬ウィメンズコレクション
2015−16年秋冬ウィメンズコレクション
画像: Fashionsnap.com

 「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」が、2015−16年秋冬ウィメンズコレクションを渋谷ヒカリエホールBで発表した。パリコレデビュー以来初となる東京でのショー開催で、会場では、西陣織を使用したアイテムなどを披露。海外を中心に順調に新規店舗も増えており、今年は親会社のD'Leagueグループが拠点を構えるシンガポールに直営店の出店も計画している。

 「見てもらいたい人によく見てもらうため」にあえて小さな会場を選んだという今回のショーでは、パリコレで発表したメンズではなく今季から本格展開するウィメンズコレクションを披露。マーシャルのスピーカーが置かれた会場で、刺繍などのディティールを施したウェアに、ロシア帽や西陣織のアイテムなどを差し込み、ロンドン留学中に出会ったという女性のプライベート服を同氏なりの解釈で表現した。

 会見では、「チームが整い、メンズだけではなくウィメンズにも力を入れられるようになった」と語っており、2シーズン前からパリで発表しているメンズと同様、ウェア、小物、シューズなど幅広くアイテムを展開。パリではメンズに加えウィメンズも展示会形式で披露しており、デザイナーの森川マサノリは「型数の半分程度のアイテムしか見せることが出来なかったですが、アジア、アメリカなどで5店舗ほど新規が決まった」と取り扱い店舗も増えているという。来シーズンもメンズはパリでコレクションを発表する予定で、ウィメンズで次回の「Mercedes-Benz Fashion Week」に参加するかどうかの質問に対しては「今後のことはまだ決めていないです」とコメントを控えた。

CHRISTIAN DADA 2015−16年秋冬ウィメンズコレクション

【インタビュー】世界に挑むクリスチャン ダダM&Aを経てパリコレに