東京ブランドのバッグは"定番"になり得るか?新作続々

ミントデザインズ 2015-16年秋冬コレクション
ミントデザインズ 2015-16年秋冬コレクション
画像: Fashionsnap.com

 「ミントデザインズ(mintdesigns)」が、2015-16年秋冬コレクションでメディコム・トイと手がけているFABRICKシリーズの新作として、初のハンドバッグを発表した。「ビューティフル ピープル(beautiful people)」は"大人のランドセルバッグ"を発表。欧州では売上の大半をバッグが占めている高級ブランドが少なくないが、日本のデザイナーズブランドでもバッグやシューズといったアクセサリーの定番化が進んでいる。

 デザイナー勝井北斗と八木奈央が手がける「ミントデザインズ」2015-16年秋冬コレクションは、「SMOKE」をテーマにブランド独自のポップなイメージを払拭し、クラシカルで退色した世界観を表現した。FABRICKシリーズではこれまで、バックパックやショルダーバッグなどカジュアルなアイテムを展開してきたが、新作バッグはシーズンコンセプトに沿ったクラシカルなデザインで、コレクションのランウェイに登場。コットンのキャンバスにコーティングした素材を使用し、内側の鮮やかなピンク色がブランドらしい。オフホワイト、ジグザグ柄、コミック柄の3色展開で価格は税抜22,000円。

 トラッドをベースに日本の素材やテクニックにこだわる「ビューティフル ピープル」は、ライダースジャケットやトレンチコートなどのベーシックウェアに定評があるが、ウェア以外においても定番になるようなアイテムの制作に取り組んでいる。特に力を入れているのがバッグで、春夏シーズンにはライダースのディテールを取り入れたレザーバッグや小物などを販売。続く秋冬コレクションで発表されたランドセルバッグは、職人が手がける子供向けのランドセルをモダンにアレンジし「大人の女性が持つことで格が上がるように」(デザイナー 熊切秀典)というアイテムに仕上げた。オレンジ、ブラック、ミックスの3色で、あらゆるスタイルのトータルルックを完成させることで定番化を狙う。