ビューティフル ピープルがネーム変更、海外展開を見据えて?

新ネームを巨大化したデザインのレザーバッグ
新ネームを巨大化したデザインのレザーバッグ
画像: Fashionsnap.com

 デザイナー熊切秀典が手がける 「ビューティフル ピープル(beautiful people)」が、2015-16年秋冬コレクションからブランドネーム(タグ)を刷新する。新ネームには、従来のブランド名の下に「CRÉATIONS-TOKYO」と記される。

 「ビューティフル ピープル」は2007年に創立し、物づくりを通じた新しい刺激による思考の転換や、日常に新たな視点と価値を生み出して社会生活を向上させることを目指している。大人のための子供服「キッズシリーズ」を発表するなどパターンメイキングに定評があり、またテキスタイルデザインや縫製・仕立てといったテクニックにこだわりながらユーモアを取り入れた服作りが特徴。2015-16年秋冬コレクションは「Extra virgin」をテーマに天然素材の可能性を探り、トラッドをベースに大胆なデザインやゆったりとしたシルエットを取り入れた。

 ブランドの呼び名は「ビューティフル ピープル」のまま変わらないが、ネーム(タグ)の変更は海外で商標権を取得するための施策のようだ。現在の直営店は、青山店、伊勢丹新宿店、LUCUA1100店の3店舗で、取り扱い店舗数は国内を中心に約70店舗。秋冬シーズンは従来に比べて大人路線でリュクスなコレクションを発表しており、またメンズラインが雑誌に取り上げられる機会が増えていることからも、今後の展開の拡大を予感させる。これを機に、新ネームを巨大化したデザインのレザー製バッグを製作するなど、質にこだわりながらユーモアを忘れない部分はブランドの変わらない魅力と言えるだろう。

■最新コレクション
【映像・画像】beautiful people 2015-16年秋冬コレクション「Extra virgin」