インスタグラムの写真や動画が「横長」「縦長」で投稿可能に

(左から)縦長フォーマット、横長フォーマット
(左から)縦長フォーマット、横長フォーマット
画像: Instagram

 「Instagram(インスタグラム)」が米国時間の8月27日、新たな写真・動画フォーマットとして、横長や縦長での投稿に対応する編集機能を追加した。また、現在提供しているフィルタ全てを写真と動画の双方に利用できるようにアップデート。国内では今日から新機能の提供を開始している。

 インスタグラムの写真投稿は、従来の正方形のフォーマットが主流だが、5枚に1枚は横長か縦長のレイアウトで投稿されているという。今回の新機能を使う場合は、カメラを起動して編集する写真や動画を撮影・選択したのち、セレクトしたコンテンツの左下に表示されるマーク「<>」をタップすると「縦長」もしくは「横長」を選ぶことができ、「縦長」のフォーマットならば全身コーディネートを収めたような写真、「横長」のフォーマットならば風景動画など、シーンに応じたフォーマットの使い分けが可能になった。利用者のプロフィールページでは従来通りの正方形フォーマットで一律のサイズを保ったまま並列して表示される。

 以前から写真編集の過程で提供していたフィルタの強弱を選ぶ調整機能は、動画の編集にも追加。適用したいフィルタをダブルタップすると調整スライダーが表示され、強弱を調整しながらフィルタ編集を施すことができる。

 サービス開始から約4年でインスタグラムは、月間アクティブ利用者数が3億人を突破。1日の平均アクティブ利用者数は2億人、国内でのコミュニティは過去1年間で2倍以上に増加している(2015年3月時点)。

■Fashionsnap.com 公式アカウント