ランウェイで活躍の黒人モデル、引退の理由はキャスティングにおける白人至上主義?

2016年02月26日 14:30 JST

 スーダン出身のオーストラリア人モデルAjak Dengが、自身のインスタグラムでモデル業界からの引退を表明した。マネージャーが引退の理由にオーストラリアのファッション業界の現状を上げ、モデルキャスティングにおける人種問題が話題になっている。

■ 近年注目されるモデルの多様性
ダウン症モデルのマデリーン・スチュアートがNYファッション・ウィークに出演(2015年8月17日)
小人症のモデルを起用したファッションショーがベルリンで開催(2015年7月13日)
黒人モデルが「自分はメイク道具持参」と待遇の差で不満を吐露(2015年7月8日)
「私はエンジェルじゃない」プラスサイズモデルが主張するランジェリー広告が米で話題(2015年4月8日)