ショーを一般に開放、tiit tokyoがオフスケジュールで単独ランウェイショー開催

2016年春夏コレクション
2016年春夏コレクション
画像: Fashionsnap.com

 「ティート トウキョウ(tiit tokyo)」が、ランウェイショーを3月12日に秩父宮ラグビー場で開催する。ショーを新作発表イベントの一環として位置づけ、これまで以上に一般客を招待するため計2回のショーを実施。メールで招待客の募集をしている。

 ティート トウキョウは、2013年春夏シーズンに「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」に初参加。メディアやバイヤーに向けたショーを行ってきたが、「より多くの人にファッションの空気感を感じて欲しい」という思いから一般が観覧できるショーを開催することを決めた。資生堂が協賛となり、ヘアメイクは資生堂の豊田健治、演出はbonの片岡達彦が担当。2016-17年秋冬コレクションを披露する。

 海外では、ショーと小売をつなげた"オンタイム"の新しい施策に続々と乗り出しており、国内でもデザイナーズブランドによるコレクション発表時期の二極化が進行するなどコレクションの発表に関する再編の動きが活発化。ティート トウキョウもショーを新作発表イベントの一環と位置付けたことで、発表スケジュールの変更を視野に入れており、デザイナーの岩田翔は「いつ実施になるかは未定ですが、コレクションの立ち上げ時に店頭を盛り上げるため、春夏コレクションのショーであれば12月もしくは1月の開催することも考えています」とコメント。海外で広まりつつある「すぐ買える」施策の導入も計画している。

日程:2016年3月12日(土)
時間 : 14:00〜(プレス) / 15:30〜(一般)※内容は同じ
会場:秩父宮ラグビー場
スタイリスト:町野泉美
ヘアメイク:豊田健治(資生堂)
演出:片岡達彦(bon)
プレス:林洋介(SianPR)
協賛 : 資生堂
・招待客の人数。応募方法について
観覧希望の方は下記アドレスに名前、年齢、職業または学校名を明記のうえメールを送付。
tiittokyoshow@gmail.com