"自分に似ている"モデル診断サービス「ダレフウ?」公開 4誌が協力

画像: THE FASHION HACK 実行委員会

 "自分に似ている"モデルを診断するサービス「ダレフウ?」が期間限定で公開された。自分の顔写真を投稿すると、雑誌のモデルの中から最も顔のつくりが似ているモデルを機械的に診断してくれるサービスで、4月22日まで利用できる。

 「ダレフウ?」は、ハースト婦人画報社と講談社、集英社、小学館で編成されるTHE FASHION HACK実行委員会主催のハッカソン「THE FASHION HACK TOKYO」で最優秀賞を獲得したチームが製作。docomo Developer support内のPUXが提供する顔認識ソフトウェア「FaceU」により自分に似た顔のつくりのモデルを診断するだけではなく、そのモデルが登場する雑誌を参照することができるように開発されている。今回は「25ans」や「CanCam」「MORE」「ViVi」の4誌が協力。池田エライザや山本美月、佐藤栞里、八木アリサら各誌で人気を集める8名のモデルの顔に分類される。