バリーの世界最大旗艦店が銀座に 100年を振り返るアーカイブ展開催も

画像: BALLY

 スイスのラグジュアリーブランド「バリー(BALLY)」が3月31日、世界最大のフラッグシップストアを東急プラザ銀座にオープンした。新店舗には「ジェントルマンズコーナー」を初導入。4月8日からは、100年にわたるバリーの歴史を紹介するアーカイブエキシビション「Bally Untold - Part 1: 1851-1951」(以下Bally Untold)を開催する。

 バリー 銀座店は、2フロア構成の店舗面積約845㎡。1階ではメンズとウィメンズのアクセサリー、ジェントルマンズコーナー、レディ・トゥ・ウェアコレクションを展開し、2階はパーソナルで特別なショッピングを体験できるVIPルームやイベントスペースとして利用される。家具デザイナーのマルセル・ブロイヤー(Marcel Breuer)がデザインした1921年の「バリー」のストアが着想を得て、デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツとの協業により「バリー」とモダニズム建築との関係を象徴するデザインに仕上げたという。

 初導入される「ジェントルマンズコーナー」では、「バリー」の靴づくりやシューケアに関する専門知識を体験できる他、新導入のメイド・トゥ・オーダーサービス「Bally 1851」を提供。エキシビジョンは2階のスペースで開催が予定され、アーカイブからセレクトされた100足を5つのテーマに沿って展示することで、ブランドの100年の歴史と変容を表現する。会期は5月8日まで。

■バリー銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1
電話番号:03-6264-5471
営業時間:11時〜21時