中村ヒロキ「ビズビム」15周年アーカイブ展が伊勢丹で開幕

中村ヒロキ
中村ヒロキ
画像: FASHIONSNAP

 「ビズビム(visvim)」のアーカイブ展「visvim ARCHIVES」が4月6日からスタートした。2016年で15周年を迎える「ビズビム」の過去から現在までを集約したイベントで、中村ヒロキは「自分にとって"もの"にどう心が動かされたかということが重要。限られた空間だが、自分たちがやってきたこと・やっていることをわかりやすくカテゴリごとに凝縮した」とコメント。オープンにはブランドのファンを含め、100名以上が行列した。

 「ビズビム」の歴史を振り返るアーカイブ展「visvim ARCHIVES」は、これまで催事場として用いられてきた7階のスペースで開催。特設で作られた白壁のアートギャラリーでは、インスピレーションリソースやビンテージ品、これまで手掛けてきた名作が6つのテーマごとに展示されている。また現在表参道店に設置しているコーヒースタンド「リトル クラウド コーヒー(little cloud coffee)」を併設。くつろげる空間のなかで、製作過程から新作までを包括的に紹介している。

 伊勢丹が催事場をアートギャラリーとして開放するのは今回が初めて。担当する高橋裕二バイヤーは「ファストファッションやPBブランドなどが増え、本物を知らないお客さまが増えている。職人さんとのものづくりといった製作背景を含めてデザイナーの活動を伝えることが今の時代必要だと考えている」と話す。中村ヒロキは、6月に開催されるメンズウェア見本市「第90回ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)」でも特別イベントを実施する予定。15周年を迎えたことについて、「瞬間、瞬間を大事に進んで来た。今後もその姿勢を継続しながら、さらに自分が興味が沸く方向に進んでいけたら」と語った。

■visvim ARCHIVES
会場:伊勢丹新宿店本館7F=催物場
会期:4/6~4/11
問い合わせ先:伊勢丹新宿店
TEL:03-3352-1111(大代表)
住所:新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿店本館7階=催物場