ココナッツの次はバーチウォーターが流行る?「ビープル バイ コスメキッチン」で先行発売

「シーランド バーチ(Sealand BIRK)」のバーチウォーター
「シーランド バーチ(Sealand BIRK)」のバーチウォーター
画像: 山本商店

 「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」が、日本初上陸の飲料ブランド「シーランド バーチ(Sealand BIRK)」のバーチウォーターを5月下旬に発売する。6月以降は、小売店や百貨店などで順次販売を開始。バーチウォーターは、海外メディアやモデルの間で「ココナッツウォーターに次ぐ注目の飲料」と話題を集めており、これまで浸透していなかった日本でもブームになりそうだ。

 バーチウォーターは、白樺(シラカバ)が開花する前の数週間のみ採取できる貴重な樹液を原料に使用。樹液にはキシリトールや果糖、ブドウ糖などの成分が含まれており、北欧やロシアでは「森の看護婦」と呼ばれ古くから民間治療に用いられている。青臭さのないほのかな甘さとさっぱりとした飲み心地が特徴で、モデルやセレブが愛飲するほか、「インスタイル(Instyle)」や「マリクレール(Marie Claire)」「ELLE AUSTRALIA」といった海外メディアが取り上げるなど注目されている。

 デンマークで生まれた「シーランド バーチ」のバーチウォーターは、チョコレートブランド「カファレル(Caffarel)」などを取り扱う山本商店が輸入販売を担当。北海道で採取された国産の白樺ウォーターは一部で展開されているが、海外のブランドを日本で広く販売するのは同社が初めてだという。ナチュラルな甘みを活かした「オリジナル」、マスカットに似たフルーティーな風味の「エルダーフラワー」、ジンジャーフレーバーとライムを合わせた「ジンジャーライム」の3種を揃え、税抜価格は各390円。