「KENZO x H&M」ヴィジュアルの一部が初公開

追加情報:

創設者の高田賢三のアイコニックな作品から着想を得て、現代に解釈した民族調のリボンドレスを公開。モデルには、ノルウェー出身のミュージシャン、アナ・オブ・ザ・ノース(Anna of the North)を起用。(8月19日更新)

画像: H&M

 「エイチ&エム(H&M)」の2016年のコラボレーション「KENZO x H&M」のヴィジュアルが一部公開された。発売は11月3日。

 公開されたヴィジュアルは3ルックで、アーティスト、若いクリエーティブ集団や活動家などをモデルにフォトグラファーのオリバー・ハドリー・パーチ(Oliver Hadlee Pearch)によって撮影された。ニューヨーク在住の学生、活動家のエイミー・サール(Amy Sall)とアーティスト、詩人でDJのジュリアナ・ハクスタブル(Juliana Huxtable)は、共にタイガープリントのロールネックトップスにハイウエストレギンスを合わせ、グローブとジャカード織のタイガーソックスシャフトブーツをコーディネート。そのほか、ヴィジュアルではメイクアップアーティストやミュージシャンにフューチャーし、それぞれフェイクムートン裏地のオーバーサイズのレザージャケットや、取り外し可能なプリントの襟付きパーカーにタイガープリントのキャップ、スカーフ、ショルダーバッグなどの小物も登場した。