米誌「エスクァイア」のハイエンド版が日本に登場 ターゲットは年収2500万円以上の男性

2016年10月20日 17:10 JST

 ハースト婦人画報社が、男性誌「エスクァイア(Esquire)」をベースにしたハイエンド・ファッション誌「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック(Esquire The Big Black Book)」を日本で展開することを発表した。編集長は「メンズクラブ(MEN'S CLUB)」の戸賀敬城が務め、年2回の発行を予定。初号は10月24日に発売される。

■ハースト婦人画報社の取り組み
【動画】日本初の"動く雑誌" エル・ガールが一冊まるごとAR仕様に(2016年3月23日)
「コスモポリタン」が日本再上陸 ハースト婦人画報社がウェブで展開(2015年11月27日)
メンズクラブ編集長の戸賀敬城がブランド立ち上げ ナノ・ユニバースと協業(2015年10月13日)
ケイティ・ペリーら9人のアイコンが歴史的人物に変身 ハーパーズ バザー最新号(2015年8月18日)
水原希子が「ヴァンサンカン」カバーガールに "歴代最長"前任の杏からバトンタッチ(2015年4月28日)
ハースト婦人画報社と講談社が業務提携 4月から(2015年3月9日)
雑誌「ハーパーズ バザー」が月刊化へ(2014年9月4日)
国内初「ファッション・ハッカソン」ハーストとVASILYが開催(2014年7月27日)
ELLEgirl 澄川恭子が編集長を退任(2014年1月20日)
男性誌初の試み「メンズクラブ」5月号からミニサイズ登場(2013年3月22日)
ハースト婦人画報社が店頭購入した書籍・雑誌の電子版を無料化 ELLEやMENS CLUBも(2012年12月27日)
休刊したモード誌ハーパーズ バザー日本版が復活(2012年12月19日)