次回からパリへ「ビューティフルピープル」東京最後のコレクション発表

バックステージ
バックステージ
画像: FASHIONSNAP

 熊切秀典が手がける「ビューティフルピープル(beautiful people)」が、2017年春夏コレクションのランウェイショーを渋谷ヒカリエで開催した。テーマは「Do It Ourselves(自分たちでやろう)」。今回のショーを東京でのラストショーとし、次回からパリで発表する。ショー終盤にはデザイナーの熊切がクマの着ぐるみを着用し、デザインチームと共に"余興"としてライブ演奏を披露した。

 ヘリンボーン柄のフローリングが敷かれたランウェイで発表されたコレクションは、前後や上下どちらでも着用できるトップスや、ポリエチレンや和紙を使用した"しわ"の形状記憶加工など、着る人が自由にアレンジできるアイテムやスタイリングを提案。メインモチーフはクマで、爪付きファーサンダルやライダースを着たシュタイフ製テディベア型ウォレットバッグなどのアクセサリーがポップな味付けを加えた。ブランド創設時から大人と子供の境界線をなくした「キッズライン」を製作しているが、2016年秋冬コレクションで発表した「ノージェンダーライン」は得意とするパターンテクニックによって男女問わずに着られるシリーズで、今回のショーでは男性モデルも起用。熊切は「子どもと大人の境界線をなくすことができたのだから、男女の境界線も乗り越えられる」と話している。

 東京からパリに発表拠点を移すことは以前から公表していたが、途中で一度断念していたという熊切。改めて挑戦する意思を来場客の前で示し、次回のパリに向けて「最初からショーをやりたいと考えている。これまで東京から海外に出た人とは違うことで勝負したい」と意気込みを語った。東京でも発表を続ける考えで「(販売時期の)ジャストシーズンでコレクションを発表することも考えている」と"see now buy now(=見てすぐ買う)"の施策に前向きな姿勢をみせた。

■beautiful people 2017年春夏コレクション
コレクションの全ルック・バックステージ・オフショット

■コレクション情報を網羅した特設ページ
東京ファッションウィーク2017年春夏