創刊から12年「エル・ガール」が2017年1月号で休刊 デジタルに集約へ

 ハースト婦人画報社が、女性向けモード誌「エル・ガール(ELLE girl)」を11月22日発売の2017年1月号で休刊することを発表した。

 エル・ガールは2004年に「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」の別冊として誕生。20代女性をはじめとする若い世代に向けた日本初のモード誌となり、ファッションを軸にグローバルな視点の情報を発信してきた。

 「雑誌も発行するデジタル・パブリッシャー」への転身を目指している同社はデジタル事業に注力しており、エル・ガールの読者層であるデジタルネイティブ世代のニーズに対応するため、今年9月にスマートフォンサイトをリニューアル。画像領域を拡大したインターフェースに改変し、画像ズーム機能を採用するなど、ユーザビリティを強化している。今後さらに充実させるため、雑誌を休刊しリソースをデジタルメディアに集約することを決定。今後は、2007年5月に立ち上げた「エル・ガール・オンライン」とイベントなどのリアルな場を組み合わせてコンテンツを発信し、雑誌はスポンサー企業のニーズに応じてオンデマンド発刊を計画しているという。

※画像は2016年11月号