マルニの創業デザイナー、コンスエロ・カスティリオーニが退任

後任のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)
後任のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)
画像: MARNI

 20年以上に渡り「マルニ(MARNI)」の創業者兼クリエーティブ・ディレクターを務めてきたコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)が退任し、後任にフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)が就任することが明らかになった。

 「マルニ」は、カスティリオーニがビジネスパートナーである夫とのファミリー・ビジネスの一環として、1994年にミラノで創業。2012年には「H&M」とのデザイナーズコラボレーション「MARNI at H&M」を発売し、同年12月にはディーゼル創始者レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)率いるホールディングカンパニー、オンリーザブレイブ(OTB)のグループ傘下となった。海外メディアの報道では「個人的な事情」による退任と伝えられている。

 新任のフランチェスコ・リッソは、フィレンツェのポリモーダ、NYのFIT、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズで学んだ後、「アレッサンドロ デラクア(ALESSANDRO DELLACQUA)」を始めとするイタリアブランドで経験を積み、2008年に「プラダ(PRADA)」のウィメンズコレクションを担当した経歴を持つ。2017年秋冬コレクションが「マルニ」就任後初のコレクションとなる。