日本発のグローバルなショールーム目指す「デューン」が海外進出

デューン・インターナショナル
デューン・インターナショナル

 国内外の新進気鋭ブランドの販売・卸を行うショールーム「デューン(DUNE)」が、インターナショナル社「デューン・インターナショナル」をドイツに設立した。「日本発のグローバルなショールーム」を目指し、2017年1月からパリで展示会を開催する。

 「デューン・インターナショナル」では、日本のデザイナーが海外に進出する際の橋渡しとなるべく、2017年プレフォールコレクションからメンズウィークとウィメンズウィークの両方に参加し、パリで展示会を開催する。ヨーロッパマーケットの開発と基盤固めを進め、将来的には同様のショールーム機能をニューヨークにも持つことを視野に入れているという。

 2005年に設立された「デューン」は、独自の表現力と創造性を持ち合わせたアーティストやデザイナーのブランドを紹介するファッション・アパレルエージェンシー。東京を拠点に、日本全国とアジアのマーケットに向けてセールス・マーチャンダイズ・ディストリビューションとPRを行うショールームとしての役割を担ってきた他、「デューン」が取扱うブランドとその世界観を表現する直営店「ニド(N id)」と「ニド ア ドゥ(n id a deux)」を運営している。