揺れるDeNA、メリー除く9メディアの全記事を非公開に

DeNAが運営する「JOOY」トップページ
DeNAが運営する「JOOY」トップページ

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が、「メリー(MERY)」を除いた9つの運営メディア(WELQ、iemo、Find Travel、cuta、UpIn、CAFY、JOOY、GOIN、PUUL)の全記事を非公開化した。広報担当者によると、記事の再公開は未定。

 ディー・エヌ・エーは、ヘルスケア情報サイト「ウェルク(WELQ)」に事実と異なる記事が多く掲載されていたとして批判を浴び、29日には同サイトの全記事の非公開化を発表。同社は「DeNAパレット」と称したキュレーション事業を幅広く展開しているが、今回の騒動を受けて各メディアの運用の実態を社内で改めて調査。その結果、「ウェルク」以外の9メディアにおいても同様の運営体制・方針がみられ「マニュアルやライターの方々への指示などにおいて、他サイトからの文言の転用を推奨していると捉えられかねない点」があったと認め、記事の非公開化に至った。今後は、守安功代表取締役社長兼CEOが委員長を務める管理委員会を通じて、「メリー」を含めた全メディアに関して記事作成のプロセスと中身の精査を行っていく。

 「メリー」は他の9メディアと同じく「DeNAパレット」に属しているが、広報担当者によると「別の組織体制で運営が行われているため」非公開化の対象外になった。「メリー」においても一部コンテンツはクラウドソーシングを介して外部ライターに発注することがあるというが、外部ライターと一般ユーザーによって執筆された記事の比率は不明だという。

 ディー・エヌ・エーは、「メリー」を運営するペロリとインテリア情報を扱う「イエモ(iemo)」を2014年に買収。昨年4月にはキュレーション事業「DeNAパレット」の強化を発表し、メンズファッションの情報を扱う「ジョーイ(JOOY)」や旅行情報の「ファインドトラベル(Find Travel)」など幅広いジャンルのキュレーションメディアを展開していた。