LA発「アミリ(AMIRI)」セレブ支持の理由は "ラグジュアリー×カジュアル"の発想

クリエーティブディレクターのマイク・アミリ
クリエーティブディレクターのマイク・アミリ
画像: FASHIONSNAP

 LA発のラグジュアリーブランド「アミリ(AMIRI)」のクリエーティブディレクター マイク・アミリ(Mike Amiri)が来日した。ブランドアイテムの見た目はロックテイストのカジュアルウエアだが、素材や加工は一流。その独自のラグジュアリー感覚がジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)やケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)などのセレブリティーから支持を受け、ハリウッドの新進気鋭ブランドとしてSNSなどで存在感を示している。

 「アミリ」は2014年に設立。デザイナーが生まれ育ったLAのカルチャーシーンからインスピレーションを受け、クラシックアメリカンロックンロールの精神をベースにしたストリートラグジュアリーファッションを提案する。温暖なLAの気候下ではTシャツとジーンズが主流のファッションといい、カジュアルウエアの代表格であるこれらの基本アイテムを上質な素材や手の込んだ加工でラグジュアリーファッションへと昇華させている。ブランドについて「ラグジュアリーブランドは大体、ヨーロッパの視点でジーンズを解釈して発表しているが、『アミリ』では95%の製造をLAで手がけたLA発信のジーンズを展開している」と特徴を説明。シャツは約3万円〜10万円、パーカーは約8万円〜14万円、ジーンズは約10万円〜18万円と高額設定だが、手作業で行うダメージ加工の技術の高さなどが評判を呼んでいる。セレブリティー達が着用していることでも注目を集めているが「彼らにはギフティングしているのではなく、あくまでも店舗で購入してもらうスタンス」で、販路についても厳選した店舗で扱うことでブランドの価値を高める販売戦略をとっている。2017年春夏からはウィメンズの展開をスタートさせ、スニーカーも発表する予定だ。

 "LAらしさ"へのこだわりは製造だけでなく、日差しが強いLAの気候ならではの背中部分の色落ちをあえて加工を施して表現するなどデザインの細部にも一貫性を持たせている。昨今のLAのファッションを含むアートシーンは若いアーティストが世界中から集まり盛り上がりを見せているというが、来年政権交代を迎えるアメリカの政治の変動が若手アーティストにもたらす影響について「選挙結果についてみな混乱しているが、保守的で抑圧された政府の下では反抗心が生まれアートは繁栄すると言われている。ポジティブな側面として優れたアートがたくさん生まれてくることを期待している」と語った。国内での展開はセレクトショップのアディッション アデライデ(ADDITION ADELAIDE)やエストネーション(ESTNATION)などで取り扱っている。