「ヨシオクボ」がミラノで初のショー開催、アルマーニが支援

追加情報:

【1月17日追加】日本時間1月17日18時30分からショーを開催。イタリアファッション協会のサイトからライブ中継を行う。

久保嘉男
久保嘉男
画像: FASHIONSNAP

 ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)が、新進デザイナーを支援するプログラムで久保嘉男が手掛ける「ヨシオクボ(yoshiokubo)」を選出した。日本人デザイナーでは「ファセッタズム(FACETASM)」「ウジョー(Ujoh)」に続く3人目。1月17日にミラノで2017-18年秋冬コレクションを発表する。

 ジョルジオ アルマーニは、シーズンごとに異なるデザイナーを迎え、コレクションを発表する場としてベルゴニョーネ通りのシアター「アルマーニ テアトロ」を提供するプロジェクトに取り組んでいる。今回、伊ヴォーグ誌のサラ・マイノ(SARA MAINO)の推薦により参加が実現した「ヨシオクボ」は、緻密なパターンテクニックからなるデザインを特徴に、長く東京のファッションウィークを牽引してきた。現在ミラノでのショーに向けて服の型数を増やしているという久保は「レザーや毛皮などを使った見応えのある面白いものを作っている。服作りには気合を入れているが、ショー自体はごちゃごちゃした演出はやめて、服に集中して見せようと思う。面白い日本人がいると思ってもらえたら」と話した。なお、ショーの数日後からは、これまで通りパリで展示会を開催する予定だ。