セール短縮、EC強化、中国出店拡大、バロックが成長戦略を発表

2016年12月16日 18:40 JST

 バロックジャパンリミテッドが12月16日、上場後初の決算説明会を開催し、2017年1月期第3四半期の業績と共に事業戦略を発表した。第3四半期累計の純利益は22億2100万円で国内事業の苦戦により前年同期の83.6%と下回ったものの、2月以降に主要商材となるアウターの販売が好調に推移していることから通期の見通しは予想を据え置き、売上高728億4,300万円(前年同期比5.9%増)、純利益44億2,400万円(同4.8%増)。今後はEC事業と中国合弁事業に投資することで成長戦略を描く。

■11月に上場
「マウジー」や「スライ」展開するバロックジャパンリミテッドが東証上場へ

■今月NYに進出
バロック「売れない今こそ」米進出、アップルストア建築家によるマウジー&エンフォルド公開(2016年9月9日)
バロックが米進出「エンフォルド」と「マウジー」の単独路面店がNYに9月オープン(2016年7月28日)