消費者参加型イベント「TOKYO BOX」日米3ブランドがファッションショー開催

3月20日にショーを開催するAULA
3月20日にショーを開催するAULA

 オンラインとリアルを繋げる新たなファッションショーイベント「TOKYO BOX vol. ZERO」の開催が発表された。アイグリッツが主催し、NYブランド「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)」と、マッシュスタイルラボが展開する「フレイアイディー(FRAY I.D)」、そしてデザイナー川島幸美が手がける「アウラ(AULA)」が参加。消費者参加型のファッションショーが3月18日から20日に東京・新宿のLUMINE 0で開催される。

【関連】「開かれたファッションウィークに」東京のAmazon Fashion WeekがBtoC強化

 東京のファッションウィーク「Amazon Fashion Week TOKYO 2017A/W」の関連イベントとなる「TOKYO BOX vol. ZERO」は、パートナーの商業施設ニュウマン新宿の開業1周年企画に合わせて実施。ファッションジャンルをシームレスに捉え、ブランドや施設の顧客を招待して参加型のファッションショーを企画する。ショーの模様はオンラインでライブ配信する他、会場周辺ではデジタルサイネージで放映。また子供連れの来場者向けに一時保育サービスを無料で提供するなど、サービスを充実させる。リアルとデジタルの双方で、BtoCとBtoBの併用型の新しいファッションショーを提案する。

■TOKYO BOX vol. ZERO
開催期間:2017年3月18日〜20日
スケジュール:
 3月18日18:00〜 DIANE von FURSTENBERG
 3月19日18:00〜 FRAY I.D
 3月20日13:30〜 AULA
開催場所:LUMINE 0

 公式サイト