18世紀のフランスとストリートを融合、リアーナの「FENTY PUMA」新作が発売

フェンティ プーマ バイ リアーナ
フェンティ プーマ バイ リアーナ
画像: PUMA

 「プーマ(PUMA)」ウィメンズクリエーティブディレクターのリアーナ(Rihanna)が手がける「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA by Rihanna)」の2017年春夏コレクションが、3月9日に世界一斉発売する。プーマストア原宿やプーマストア大阪、オンラインストア、一部のプーマ取り扱い店舗などで取り扱う。

 新作コレクションは、マリー・アントワネットの夫、ルイ16世紀が統治していた18世紀のフランスを着想源に、ストリートスタイルの要素と融合。サテンのリボンが特徴的なサンダル「Bow Slide」をはじめ、トライミノックソールとリボンを組み合わせた「Bow Sneaker」や、ボリュームのあるプラットフォームとジッパーのクロージャーで仕上げた 「Sneaker Boot Zip」、ハイヒールタイプの「Lace Up Heel」をラインナップする。フローラルモチーフが施されたジャガード織りのウエアやランジェリーにインスパイアされた刺繍付きトリコット、バッグ、トレーナーといったアパレルやアクセサリーなどのアイテムも6月までに毎月順次展開される。

 発売に伴いラフォーレ原宿のGR8では、3月9日から15日までポップアップストアがオープン。9日から12日までの4日間にはマドモワゼル・ユリアがプロデュースする記念イベントが開催される。また、伊勢丹新宿店では、14日までの期間限定でアパレルを含むコレクションを展開するほか、各店舗限定アイテムの販売も行う。