アパレルから食、雑貨、音楽まで扱う「ルコック」の新業態が原宿にオープン

店内の様子
店内の様子
画像: FASHIONSNAP

 デサントが手がけるフランスのスポーツメーカー「ルコックスポルティフ(le coq sportif)」が3月10日、新業態「ルコックスポルティフ アヴァン(le coq sportif avant)」の1号店を原宿・明治通り沿いに出店する。オープンに先駆けて3月9日、関係者向けに店内が公開された。

 ルコックスポルティフ アヴァンでは「アーバン・サイクルライフ」をコンセプトに、アパレル、シューズ、トレーニングウエア、サイクリングウエア、小物類をウィメンズとメンズで取り扱う。同店で展開されるオリジナルアパレル「ル・アーバンスタイル(le urban style)」は、日常的にも着用できるシンプルなデザインが特徴だが、自転車を漕ぎやすいようパンツには立体裁断が採用され、ポケットは斜めに配置されるなど、サイクリングを意識した機能が取り入れられている。

 店舗のトータルプロデュースは「シンクグリーンプロデュース(THINK GREEN PRODUCE)」が手掛け、エントランス右にはコンビニエンスマートとエッグスタンド(EGG STAND)を設置。コンビニエンスマートでは、カップホルダーや反射シールなどサイクリング向けの小物のほか、フランスから輸入されたフードやドリンク、音楽レーベル「Jazzy Sport」がセレクトしたレコードなどライフスタイル関連の商品を取り扱う。パティシエの後藤裕一がディレクションするエッグスタンドは「ルコックスポルティフ」のロゴに鳥が用いられていることから、卵をメインに使用したフードやドリンクを提供。テニスやサイクリングなどスポーツをルーツに持つ同ブランドだが、より幅広い層へリーチするため、ライフスタイル要素をふんだんに取り入れた店内となっている。自転車と共に入店可能で、店内には駐輪スペースも設けられている。

 ルコックスポルティフ アヴァンは、10日の原宿店のオープンを皮切りに、3月15日に丸の内、3月22日にみなとみらいに出店する。計3店舗での初年度売上目標は3億円。2020年までに国内15〜20店舗出店を目指す。

■ le coq sportif avant HARAJUKU ルコックスポルティフ アヴァン 原宿
住所:東京都渋谷区神宮前6-17-10 原宿アールビル1F
公式サイト