鈴木マサルが2つの展覧会を連続開催 ベビー子供服「ファミリア」とのコラボも

画像: ファミリア

 「マリメッコ(marimekko)」などのテキスタイルデザインを手がける鈴木マサルが、「鈴木マサルのゴールデンウィークー傘とテキスタイルー 2017」と「familiar ZOO by Masaru Suzuki」の2つの展覧会を連続で開催する。

 「鈴木マサルのゴールデンウィークー傘とテキスタイルー 2017」は傘にフィーチャーした展覧会で、6回目の開催となる今回は4月29日から5月7日までの期間、南青山のライトボックススタジオ青山を会場に開かれる。会期中は鈴木マサル本人が毎日在廊し、会場全体を作品に仕上げるほか、雨傘の新作や、今年2月に発表したファブリック版画をメインに展示や販売を行う。

 5月10日から7月10日までファミリア銀座本店1階で開催される「familiar ZOO by Masaru Suzuki」は、今年創立67周年を迎えるベビー子ども服ブランド「ファミリア(familiar)」とのコラボレーションによる展覧会。ファミリアのロングセラーアイテムであるデニムバッグをベースに、専属の加工者が刺繍やアップリケ、縫製を全て手作りで仕上げた一点ものの「familiar ZOO bag」を展示販売する。創立年数にちなみ67種類展開された動物の柄は、鈴木マサルがデザインした。このほか、同展オリジナルのプリントバッグやタオル、Tシャツなどが発売される。

■鈴木マサルのゴールデンウィーク - 傘とテキスタイル-
会場:ライトボックススタジオ青山
   東京都港区南青山5-16-7
会期:2017年4月29日(土)〜5月7日(日) 11:00 ~20:00
   ※最終日5月7日は18:00まで
入場無料

■familiar ZOO by Masaru Suzuki
会場:ファミリア銀座本店 1F イベントスペース 「CUBiE」
   東京都中央区銀座8-8-8 銀座888 ビル
会期:2017年5月10日(水)〜7月10日(月)11:00 ~ 19:30
   ※最終日7月10日(月)は18:00閉店