ルイ・ヴィトンがジェフ・クーンズとコラボ、西洋絵画の傑作がバッグに

ジェフ・クーンズとのコラボレーションアイテム
ジェフ・クーンズとのコラボレーションアイテム
画像: LOUIS VUITTON

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト ジェフ・クーンズ(Jeff Koons)とのコラボレーションを発表した。バッグとアクセサリーのラインを4月28日に発売する。

 ジェフ・クーンズはキャリア初期に発表したウサギのバルーンアートをモチーフにした作品などで知られ、現代アート界で最も広く知られるアーティストの1人。コラボレーションでは、自身が長年手掛けてきた西洋絵画の巨匠たちの作品をハンドペインティングで再現した大作群「ゲイジング・ボール・ペインティング」のイメージを「ルイ・ヴィトン」のアイテムに落とし込んだ。ダ・ヴィンチやティツィアーノ、ルーベンス、フラゴナール、ゴッホの傑作を再現した作品が原作者の名前とともに、「スピーディ」「キーポル」「ネヴァーフル」などのブランドを代表するバッグに表現。また今回、モノグラムのモチーフに自身のイニシャルを加えて再解釈し、クーンズのサインと共にバッグの外側にメタリックなディテールとして施した。どのバッグにもレザー製のラビットをかたどったタグが付けられ、バッグの内側にはオリジナル作品の作者のバイオグラフィーとポートレートが描かれている。

 今回発表されたアイテムは、コラボレーションの第1弾として展開され、今後も継続してコラボレーションが発表されるという。