ジェイミー・リードからバンクシーまで "音楽×アート"の作品がBunkamura Gallaryに集結

画像: Bunkamura Gallary

 ロックやパンク、グラフィティに焦点をあて、時代を彩ったミュージシャンやアーティストたちの作品を紹介する「ART of ROCK & GRAFFITI」がBunkamura Gallaryで開催される。会期は5月18日から30日まで。

 同展では、ミュージシャンのアルバムジャケットやポスターなどのビジュアルデザインがストリートやグラフィティアーティストに影響を与え、新たなアートシーンを生み出していることに着目。セックス・ピストルズ(Sex Pistols)の全てのアートワークを手がけたジェイミー・リード(Jamie Reid)や、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のビジュアルデザインを制作するシェパード・フェアリー(Shepard Fairey)らミュージシャンとの関係性の強いアーティストによる作品のほか、バンクシー(Banksy)といった新しいコンテンポラリーアートの影響を受けたアーティストの作品を紹介する。

■「ART of ROCK & GRAFFITI」ジェイミー・リードからバンクシーまで
会期:2017年5月18日(木)〜 5月30日(火)
時間:10:00-19:30
会場:Bunkamura Gallery(東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura 1F)
出品予定アーティスト:バンクシー / シェパード・フェアリー / カウズ / ドルク / マーティン・ワトソン / ニック・ウォーカー / Mr.ブレインウォッシュ / ジェイミー・リード / リチャード・アヴェドン / ブライアン・ダフィ / その他多数
公式サイト