東急電鉄が池上駅周辺の開発計画に着手、駅ビルが2020年に開業

駅外観イメージ
駅外観イメージ
画像: 東京急行電鉄

 東急電鉄が4月18日、東京都大田区に位置する池上線池上駅の駅舎および駅ビルの開発計画に6月から着手することを発表した。開業は2020年を予定している。

 計画では、駅利用者の安全性と地域の利便性向上に向けて駅舎の改良を行い、北側に1か所ある改札口を橋上化し南口を新設する。5階建てとなる駅舎の上層階は、駅ビルとして保育園や公共施設といった生活支援施設のほか、物販や飲食の店舗を導入。外観は、740年以上の歴史をもつ池上本門寺を中心とした門前町の歴史性をデザインに取り入れ、行燈を灯す列柱や和を感じさせる大きな庇を駅出入口に設けることで、駅と街の一体感を形成する。

■池上駅駅舎改良・駅ビル開発
 住所:東京都大田区池上6丁目73番2他