7年で売上3億目指す、BFGU出身デザイナーが手掛けるブランド「ドコカキタノホウ」が再始動

2017年04月21日 09:00 JST

 活動休止していたウィメンズブランド「ドコカキタノホウ(DOKOKA KITANO-HOU)」が、再始動した。デザイナーは文化ファッション大学院大学(BFGU)出身で、「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」などで経験を積んだ楠原麻由。2017-18年秋冬コレクションでは全9型のアイテムを展開し、2024年までに上代売上3億円を目指す。

■新ブランド
音楽業界出身者らがシューズでカルチャーを掘り下げる「ディガウト」デビュー
豪出身デザイナーが日本の職人と作る「ボーガン」デビュー
働く女性のためのブランド「ファビア」が表参道に初店舗オープン
30〜40代の女性に向けた新ニットブランド「アミア」デビュー
新ブランド「ポステレガント」デビュー 高度な服作りで価値あるものを
三越伊勢丹×写真家 蜷川実花、アートを日々の装いに取り入れる新ブランド登場
東京スタイルがEC発の新ブランド発表 ディレクターにスタイリスト小山田早織を起用
「Kawaiiを辞めたら死んでるのと同じ。」カワイイ大使 木村優が新ブランド始動
BFGU出身デザイナーデュオによる新ブランド「アンディーキー(ANDYKEY)」登場