黒川紀章や安藤忠雄ら日本を代表する建築家56組による戦後の「日本の家 」が一堂に

2017年04月28日 11:45 JST

 日本の建築家56組による75軒の住宅建築を展示する「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」が、東京国立近代美術館の企画展ギャラリー1階で開催される。会期は7月19日から10月29日まで。

■建築に関する展示会
「建築は体験」安藤忠雄展の概要発表、過去最大規模で半世紀の活動を振り返る
建築家と企業が新しい住まいを提案する体験型展覧会、三越伊勢丹や隈研吾が参加
チリの建築家スミルハン・ラディック展が南青山に 現代の寓話集を提示