三越伊勢丹HD、百貨店事業が振るわず減収減益 17年3月期決算

2017年05月10日 13:35 JST

 三越伊勢丹ホールディングスが5月10日、2017年3月期の連結決算を発表した。売上高は1兆2,534億円で前年比2.6%減、営業利益は239億円で同27.7%減、経常利益は274億円で同25.3%減で、昨年10月に下方修正した業績予想に近い水準だが減収減益となった。

■トップ交代
三越伊勢丹HD石塚会長が退任へ、後任は三越出身の赤松憲氏
三越伊勢丹HDの次期社長が初会見、杉江俊彦「社内の対話を大事にしたい」
三越伊勢丹HD大西洋社長が退任へ 後任は杉江俊彦専務

■百貨店以外の事業は
「百貨店にはない飲食を」三越伊勢丹トランジットがクリスピークリーム日本1号店跡地にカフェ出店
三越伊勢丹HDが飲食事業に本格参入 トランジットジェネラルオフィスと合弁会社設立