「FRUiTSに敬意を表して」オープニングセレモニーで限定店がグローバル展開

画像: FRUiTS/ OPENING CEREMONY

 セレクトショップ「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」が、昨年末に月刊誌の廃止を発表したファッション誌「フルーツ(FRUiTS)」のビンテージ号の取り扱いを含めたポップアップストアをニューヨーク店、表参道店、ロサンゼルス店で開催する。期間は5月16日から6月1日まで。

 同プロジェクトは、1990年代初期から「フルーツ」を収集しているという「オープニングセレモニー」クリエーティブディレクターのウンベルト・レオン(Humberto Leon)が、自身に多大な影響を与えたという「フルーツ」編集長の青木正一と雑誌そのものに敬意を払いたい、という思いから実現。ニューヨーク店とロサンゼルス店では同誌の創刊第1号から100号を、表参道店では44号から100号をそれぞれ販売するほか、3店で「フルーツ」のロゴを使用したTシャツやフード付きスウェットシャツなど限定ユニセックスカプセルコレクションを販売する。

 期間中、表参道店では「フルーツ」の表紙を表現したウィンドウディスプレイが登場し、来店者がウィンドウの中に立って撮影できる演出が用意される。

■FRUiTS X OPENING CEREMONY POP UP STORE
場所:OPENING CEREMONY OMOTESANDO
住所:東京都渋谷区神宮前6-7-1-B
電話:03-5466-6350
営業時間:11:00〜21:00
公式サイト