「正しいスーツを選んでいる人は5%未満」松屋銀座の敏腕バイヤーに聞く 本当に買うべきスーツのポイント

2017年05月17日 08:30 JST

 松屋銀座による紳士スーツの催事「銀座の男」市が、5月11日から23日まで開催されている。2着で税別2万9,800円の松屋オリジナルスーツから丸縫い既製スーツ、オーダースーツまで約5万点を展開し、2週間弱で3億円を売り上げる人気催事だ。これを20年にわたり手掛けている松屋の名物バイヤー 宮崎俊一氏は、スーツ購入時の重要ポイントに「サイズ」を挙げているが、「自分のサイズを分かっている人は残念ながら5%未満しかいない」と指摘。ほとんどの人が正しいスーツを着用できないまま定年を迎えてしまうという。本当に買うべきスーツのポイントとは。

■松屋「百貨店の外へ」
松屋が「百貨店の外へ」顧客視点で新事業を積極開発

■松屋銀座のイベント
ミッフィー生みの親ディック・ブルーナの"シンプル"を紐解くデザイン展が松屋銀座に
松屋銀座がエリア最大1000枚の浴衣を販売 街と連動したイベントも
松屋銀座の2016年バレンタインは規模拡大 会場が"チョコの世界"一色に
松屋銀座でビートたけしのアート展開催 初公開の作品が勢揃い
松屋銀座で「クリスマスアクセサリーズ 2015」開催 約50ブランドを結集

■新たな別館
松屋銀座が訪日客向け化粧品カウンター設置 取り寄せも対応
松屋、6階建て別館を銀座マロニエ通りに9月出店