Podcast 2014.12.27

No.24 | フランス製スニーカー

今週のトピックス

ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座直営ブティックでヘリテージピース展示
世界の三大高級時計の一つ「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)」が、国内初の直営ブティックを銀座中央通りにオープンする。これを記念して、稀少なヘリテージピースをそろえたエキシビジョンを期間限定で開催。会期はオープン日の12月9日から2015年1月12日まで。


アディダス コンソーシアム、フランス製スーパースター発売

「アディダス コンソーシアム(adidas Consortium)」が、フランス製のスーパースター(Superstar)「adidas Consortium Superstar 'Made in France'」を発売する。「Made in France」の旧ロゴがあしらわれたアイテムで、価格は30,000円。ドーバーストリートマーケット ギンザ(DOV ER STREET MARKET GINZA)やミタスニーカーズ(mita sneakers)などで販売される。発売日は12月12日を予定。


ディオールが両国国技館で盛大なショー開催 テーマは東京

「ディオール(Dior)」が12月11日、メゾン初となる「エスプリ ディオール(Esprit Dior)」のランウェイショーを、東京で開催した。アーティスティック ディレクターのラフ・シモンズ(Raf Simons)によるコレクションのインスピレーション源は東京。会場となった両国国技館は一夜限りで近未来的な空間に変貌し、1600人以上の招待客が来場した。


「小悪魔ageha」発行のインフォレストが破産決定、負債は約39億円

「小悪魔ageha」などを発行していたインフォレストと関係会社のインフォレストマーケティング、インフォレストパブリッシングの破産が決定した。4月15日付けで事業を停止し、11月25日に東京地裁へ自己破産を申請。12月9日に同地裁より破産手続き開始の決定を受けた。帝国データバンクによれば負債総額は約39億円。


グッチ、CEOとフリーダ・ジャンニーニが退任へ
ケリング(Kering)が、「グッチ(GUCCI)」最高経営責任者(CEO)パトリツィオ・ディ・マルコ(Patrizio di Marco)とクリエイティブディレクターのフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)の退任を発表した。2人は公私ともにパートナーで、パトリツィオ・ディ・マルコは2015年1月1日に、フリーダ・ジャンニーニは2月末にブランドから退く予定。新しいCEOには「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」CEOのMarco Bizzarriを起用し、新クリエイティブディレクターは後日発表される


復活するナイキ「ACG」ルック公開 アクロニウムやストーンアイランド手がける気鋭デザイナー起用
ナイキ(NIKE)が、新世代の都市生活者のために「ACG(=ALL CONDITIONS GEAR)」を復活させる。これに合わせて、ベルリンを拠点に活動するデザイナー、エロルゾン・ヒュー(Errolson Hugh)を迎えてイメージを刷新。同氏は"究極のトラベルウェア"を提案する「アクロニウム(ACRONYM)」を手がける他、「バートン(BURTON)」や「ストーンアイランド(Stone Island)」の外部デザイナーとして活躍し、アウトドアファッションの分野で高い支持を得ている。


【今週のワイン】
2010年シャトー・クレール・ミロン/ポイヤック/750ml/赤ワイン


【買ったもの】
zanone カシミアマフラー 45,360円
Bower & Wilkins C5シリーズ2
Normal


【リスナーメール】
スポーツウェアについて (kenjiさんのベストピックス)